1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. 良くある質問
  3. デビットカードはキャッシングできるの?

デビットカードはキャッシングできるの?

 2018/08/17 良くある質問   15,748 Views

デビットカードの使い方はクレジットカードと大変似ています。

クレジットカードでは、提携ATMを利用してキャッシングができますが、デビットカードでも同じようにできるのでしょうか?

一般的に使われているキャッシングの意味は「お金を借りる」ということになります。

デビットカードでお金を借りることができるのか、この点をキャッシングの意味も含めて解説していきます。

▼当サイトからの申し込みの多い人気デビットカードランキング
①ジャパンネット銀行Visa
審査なし・年会費無料
口座維持費や年会費などは無料。
②GMOあおぞらネット銀行Visa
審査なし・年会費無料
キャッシュバック率最大1.5%
③ソニー銀行デビットカード
審査なし・年会費無料
10通貨対応!利用履歴はスマホアプリでチェック
※4位以下は「デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)」の記事をご覧ください。

結論からいうと、デビットカードではキャッシングはできない!

デビットカードではキャッシングができません。

デビットカードは自分の銀行口座にある残高を、カードを使ったその瞬間に支払うものです。(一部の店舗で引き落としのタイミングがずれることもあり)キャッシング機能が必要なら、デビットカードではなくクレジットカードやカードローンなどを利用しましょう。

キャッシング枠を付けられるのはクレジットカード

銀行口座を自分の財布と考えると、デビットの仕組みがわかりやすいでしょう。自分の財布からお金を借りる、この場合借りるお金はどこからくるのでしょうか?

クレジットカードの場合なら、与信審査を行い「お金を先に貸しておいても返す能力がある」と判断されているため、買い物をしたりキャッシングをしたりできるわけです。

要はカード会社が先に店舗に支払っている、カード所有者にお金を貸しているという扱いです。

デビットカードでは審査もないため(ごく一部に審査があるデビットもあります)、お金を借りる行為はできません。ただし、審査があるデビットカードでは、口座の残高不足時にバックアップできる機能が付いていることも多いです。

また、店舗での支払い方法(ガソリンスタンドなどのようにオフライン決済が採用されている)によっては、請求が届くのが1〜3週間遅くなることもあり、銀行側が一時的にお金を出す場合もあります。

デビットカードによって、請求にタイムラグが発生する店舗では使えないものがありますね。これは、銀行側が立て替えをするかしないかが理由となっているのです。

デビットカードでは与信審査を行わないものがほとんどですから、立て替えは銀行側がサービスとして行っているというのが現状です。

現金引き出しができるのはキャッシュカード機能付き

「持っているデビットカードで、現金引き出しできるけれど?」という方は、お金を借りているのではありません。

デビットカードではキャッシュカードと一体型のものがあり、この場合はキャッシュカードとして自分の口座からお金を引き出しているわけです。

もちろんお金を借りているわけではなく、利息などもかかりません。

海外での現地通貨引き出しならできる!

デビットカードは海外でなら現地通貨を引き出せます。この場合もお金を借りているのではなく、自分の銀行口座から引き出しているのと同じになります。

レートや手数料はかかりますが、「借金」とはならないのです。もちろん利息は必要ありません。

そのためクレジットカードでは海外キャッシングと呼ばれていても、デビットカードではキャッシングとは呼ばれていないのです。

要注意!海外ではキャッシュアウトがキャッシング

ちなみに、海外では日本の「キャッシュアウト」のように、スーパーなどでの会計時に現金を引き出す方法をキャッシングと呼んでいます。

キャッシュアウトは、たとえば2,000円買い物をした際に、3,000円も合わせて預金口座から5,000円引き落とします。そして、3,000円分の現金は手元に、という方法です。

ATMが少ない地域や、アメリカなどのように大金を現金で持ち歩くと危険な国では大変便利な方法です。

日本国内では、J-Debitのみでキャッシュアウトが利用できます。海外では、現地発行のデビットカードなら引き出せます。名称がまぎらわしいので、気を付けておきましょう。

海外での利用ならvisaがおすすめ!

海外でキャッシング機能が必要になるためにデビットカード作成を考えているなら、Visaデビットがおすすめです。

JCBデビットも国際ブランドなので海外でも使えますが、国によっては加盟店がほとんどないこともあります。

JCBはアジア圏ではほとんどの国で問題ありませんが、色々な国に行く方なら世界的なシェアの高いVisaデビットにしておくことをおすすめします。

おすすめデビットカードの現金引き出しでの注意点

三菱UFJ-VISAデビット

キャッシュカードと、デビットカードが一体型ではないので、国内での現金引き出しにはキャッシュカードが必要です。海外でATMを利用した場合は都度108円かかります。(※一部ATMにおいて、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合あり)海外利用時の事務手数料は3.0%なので、デビットカードでは平均的です。

楽天銀行デビットカード

JCB、VISAベーシック、VISAシルバー、VISAゴールドの4種類のデビットカードが発行されています。キャッシュカードと一体型です。いずれも還元率は1.0%と高還元です。JCBデビットと、VISAベーシックは年会費がかかりません。VISAシルバーは2,160円、VISAゴールドは5,400円の年会費が必要です。いずれも海外ATM利用料は無料、海外事務手数料は3.024%となります。

SMBCデビット(三井住友銀行)

新たにデビットカードとキャッシュカード一体型が、発行されるようになりました。国内での現金引き出しはキャッシュカードで、国内ショッピング、海外ショッピング、海外ATM現地通貨引き出しはデビットカードで行います。

年会費無料で発行可能です。海外ATM利用では都度108円、海外事務手数料は3.0%かかります。

ジャパンネット銀行Visaデビット

デビットカードとキャッシュカードは一体型です。年会費無料で発行できます。海外ATM利用手数料は無料、海外事務手数料は3.02%です。

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • デビットカードはメルカリで使えますか?

  • 家族カードが使えるデビットカードは?

  • PSNはデビットカードの登録も可能!

  • デビットカードと現金を併用して支払できる?

  • デビットカードの作り方

  • デビットカードでレンタカーは借りれるか?