Visa payWaveとは?簡単&安全なタッチ決済

簡単&安全なタッチ決済Visa payWave日本に本格上陸間近!?

2020年のオリンピックを控えて、いよいよ日本でも「Visa payWave」の導入が広がっていくといわれていますね。Visa payWaveとは、タッチ決済と呼ばれるカードをかざして支払う方法です。

 

タッチ型決済は、日本ではSuicaや楽天Edy、WAONなどですでにおなじみの方法ですね。支払い時にはかざすだけ、カードを渡してしまわないことからも安全性が高い決済方法といえるでしょう。それでは、すでに国内で利用者も多い電子マネーと、Visa payWaveでは違いがあるのでしょうか?

 

そもそもVisa payWaveとは

Visa payWaveは、国内や海外のVisa payWave対応マークのある加盟店で、支払い時にカードをピッとかざせば決済できる方法です。要は電子マネーの一種になります。対応するクレジットカードやデビットカードなどを発行して利用します。原則としてサインや暗証番号の入力は不要で、スピーディーで簡単にショッピングできます。

 

Visa payWave機能が付帯しているデビットカード

現在Visa payWave機能が付いているデビットカードは、住信SBIネット銀行のVisaデビット付キャッシュカード三井住友銀行のSMBCデビットカード、北國銀行の北國Visaデビットカードがあります。

 

Visa payWaveがすでに導入されているデビットカードでは、カード発行をどのようにしているのか確かめてみましょう!

 

住信SBIネット銀行Visaデビット付キャッシュカード

 

国内初のpayWave対応デビットカードです。住信SBIネット銀行の口座を開設している方なら利用できます。口座未開設の方は、まず口座開設からスタートしましょう。
WEBサイトから申し込めば、デビット付キャッシュカードが発行されます。住信SBI銀行のデビットは、外貨預金口座からの決済などもできるため、payWave機能と併せて海外でフル活用したいカードといえるでしょう。

三井住友銀行SMBCデビット
WEBや店舗で申し込めます。口座をお持ちでない方は、口座開設とともに申し込むことになります。SMBCデビットでは、もともとpayWave機能が付いていないものが発行されていました。そのため、すでにSMBCデビットカードを持っている場合には案内はがきが届きます。1度でもSMBCデビットを使っていれば、新カードが順に届きます。SMBCデビットでは「iD」機能も搭載してあります。国内ではiDとpayWave、海外ではpayWaveという使い方ができますね。

北國銀行Visaデビットカード
地方銀行では唯一payWave機能が付帯しています。北國銀行の普通預金口座を持っている方が利用可能です。ホームページや支店窓口で申し込めます。新規口座開設とともにVisaデビット申し込みをすることもできます。

 

他にクレジットカードなら、JACCSのジャックスカードVisa payWave、オリコのOricoCard Visa payWaveなども利用できるようになっています。モバイルでの利用も可能ですが、JACCSのモバイル決済サービスか三井住友カードVisa payWaveのいずれかのみです。

 

規格の違いがいまだ普及が本格化していない理由

日本ですでに電子マネーが広く普及していることを考えると、Visa payWaveもすぐにでも広まりそうですね。しかし、なぜあまり取り扱っている金融機関が多くないのでしょうか?これは電子マネーの規格の違いに理由があります。

 

日本の楽天Edy、Suica、iDなどのたくさんの電子マネーは「Felica(フェリカ)」というシステムが採用されています。そして、海外で多く運用されているシステムは「TypeA/B」と呼ばれているもので日本とは違っているのです。Visa payWaveではTypeA/Bが採用されています。日本国内ではもともとフェリカが浸透しているため、TypeA/Bのカードリーダなどがあまり普及していないわけです。

 

今後の対応予測

現時点では取り扱いのある金融機関は少ないものの、2020年のオリンピックに向けて加盟店が増加することは間違いないでしょう。VISAがオリンピックのオフィシャルスポンサーであること、ロンドンオリンピックではなんと14万店がVisa payWave対応するように整備されたことなどから考えても、日本でも導入されないわけがないといってよさそうです。加盟店が増えれば、当然対応する金融機関も増えるでしょう。

 

Visa payWaveの使い方

利用方法はとても簡単です。

 

  1. 対応マークが店舗やレジにあるか確認します。おなじみのVISAマークの下にpayWaveと入っています。
  2. 支払い時に「Visaで」と伝えて、リーダに読み取らせるだけです。ただ金額や店舗の条件などによって、サインや暗証番号入力が必要になることもあります。
  3. ピッと音が鳴ったら支払いは完了です。

 

Visa payWaveが使える加盟店はどこ?

基本的に2017年の時点では、日本国内で導入されている加盟店はあまり多くありません。そのため、payWave自体は海外旅行向けサービスが主体と理解しておいたほうがよいでしょう。

 

住信SBIネット銀行のサイトでは、利用できる加盟店として

  • イケアストア全店(IKEA Touchpoint熊本を除く)
  • ファイテン(一部店舗)
  • ぬまづみなと商店街(一部店舗)
  • 函館朝市(一部店舗)

が記載されています。

 

ほかには阪急阪神第一ホテルグループでも2016年4月から順次取り扱い可能となりました。

 

日本マクドナルドのサイトでは、EdyやiDなどを順次利用できる店舗を拡大中とサイトでは書かれています。日本マクドナルドが三井住友カードと提携したことで、クレジットカード支払いに順次対応していく予定です。Visa payWaveの表記があるステッカーがあれば、利用可能です。

 

ただし利用できる店舗でも、利用者があまり多くない段階のため、店員側の処理に時間がかかることもあります。Visa paywaveでの支払いという点をきちんと伝えるようにしましょう。

 

また、関西国際空港の店舗では2017年6月30日から取り扱いをスタートしました。もともと使えたクレジットカード、交通系電子マネーを含めてさらに便利な支払いが可能になっているといえるでしょう。

 

Visaワールドワイドが、マクドナルド以外にさらに大型加盟店の導入が準備されていると発表しています。加盟店が多くなり使える場面が増えると、今後は「payWaveが使えるデビットカードに申し込もう!」という方も当然増加するでしょう。

 

コンビニでもVisa payWaveで払える?

現時点では、日本国内のコンビニでVisa payWaveに対応しているものはありません。やはり日本国内よりも海外での利用がいまだ主流といえるからでしょう。

 

Visa payWaveをアプリで使いたい!

2017年7月末の時点では、モバイルとしてVisa payWaveを利用できるのは、JACCSモバイル決済サービスと、三井住友カードVisa payWaveです。デビットカードではなくクレジットカードでの利用となりますが、簡単に申し込み方法をご紹介しておきましょう。

 

JACCSモバイル決済サービス
クレジットカード発行後インターコムクラブに登録してから申し込みます。カードリーダにモバイルをかざせば支払いは完了です。インターコムクラブの登録は無料なので、クレジットカードを利用する方なら申し込んでおいてもよいでしょう。

三井住友カードVisa payWave
クレジットカード発行後に申し込みます。インターネットサービスで申し込めるので、手間はかかりません。Visa payWave単独では持てず、本会員が追加カードとして利用することになります。

Sponsored Link