デビットカードとキャッシュカードとクレジットカードの違い

デビットカード、キャッシュカード、クレジットカードはどう違う?

キャッシュカードとデビットカードは一体化しています。またクレジットカードとデビットカードは同じVISAブランドやJCBブランドのものがありますね。そのため3つのカードの違いがはっきりとわからない方も多いのではないでしょうか。デビットカード、キャッシュカード、クレジットカードの違いはどこにあるのでしょう?

 

キャッシュカード・デビットカード・クレジットカードの特徴

キャッシュカードは銀行からお金を引き出したり、入金したりできるカードです。
デビットカードはキャッシュカードに機能として付帯して、実店舗やネットショップでのショッピングなどができるカードです。キャッシュカードとデビットカードは日本国内では銀行が発行するものになります。
最後にクレジットカードは、買い物などで利用できるのに加えて、ATMでキャッシングできる機能が付いているものがあります。

 

キャッシュカードとデビットカードの違いは?

キャッシュカードは、自分の預金を管理できるカードです。銀行口座を持っている方が、預金を引き出したり、預け入れたりする際に使用します。

 

デビットカードは、口座にあるお金を使ってショッピングできるカードです。つまりデビットカードを利用するためには、銀行口座がなくてはいけません。そのためブランドデビットと呼ばれるVISAやJCBのデビットカードは銀行が発行し、口座を管理するカードつまりキャッシュカードと一体化して利便性を高めています。

 

ここで注意したいのは、日本独自のJデビットのシステムがあることです。現在ほとんどの銀行のキャッシュカードに付帯しているサービスで、加盟店でキャッシュカードによる支払いができるものです。自分の銀行のキャッシュカードがJデビットに対応しているのを知らない方や、利用したことがない方も多いのではないでしょうか。ATMでわざわざ現金を引き出す手間を省けるなど、大変便利なものです。

 

VISAデビットなどのブランドデビットカードと、Jデビットは海外での利用ができるかどうかと加盟店の多さの違いがあります。Jデビットの加盟店は、約45万ヶ所です。VISAは決済機能を提供するブランドのため、正確な加盟店数は公表されていないものの、約3800万ヶ所以上に上るといわれています。JCBは約2900万ヶ所です。ブランドデビットカードを選ぶと、クレジットカードと変わりなく利用できることや発行している金融機関が増加してきていることで、VISAデビットやJCBデビットの利用者は今後も増加すると予測されます。

 

クレジットカードとは

クレジットカードにはブランドがあり、決済機能を提供しているブランドとしてVISAやMasterCardがあります。また会員向けサポートが充実したT&EカードブランドとしてJCB、AmericanExpress、DinersClubがあります。実は、VISAは独自のカードを発行しません。ライセンス契約した企業が発行したカードがVISAカードとして発行されています。

 

クレジットカードとデビットカードの違い

クレジットカードは、ショッピングや公共料金の支払いなど使えるシーンが多いですね。デビットカードでは、ガソリンスタンドや高速道路の料金所など、一部即時決済できない所では使用できません。こういった制限もクレジットカードでは特に気にする必要がないのです。

 

クレジットカードとデビットカードは、支払いのタイミングが最大の違いになるでしょう。デビットカードは支払いのためにカードを出したその時が、決済の時です。クレジットカードでは、期間内に利用した額を決まった日に支払うことになります。分割払いやボーナス払い、リボルビング払いなど支払い方法も選べます。デビットカードは即時決済ですから、支払い回数は1回のみです。

 

シーンに応じた使い分けもおすすめ

キャッシュカードに付帯しているJデビットはたとえば、現金が引き出せないタイミングで利用する、Visaデビットは即時払いしたい時に利用する、クレジットカードは高額のものや他のカードで支払えない時に利用するといったように、それぞれの特徴を生かした使い分けをするのもおすすめです。