三井住友銀行SMBCデビット(Visa)ならお金の管理がしやすい

待っていた方も多いのではないでしょうか?

三井住友銀行のSMBCデビットは、VISA payWaveとiDが搭載されているので、スピーディーに支払いたいときにおすすめのデビットカードです。

 

SMBCデビット(Visaデビット)

 

payWaveとiDは、かざして支払いが完了する、タッチ式決済方法となっています。そのため、サインや暗証番号をなしでお買い物がおわりますよ。

 

payWave、iDどちらにも対応していない店舗で支払う際は、通常のVisaデビットとして支払えます。payWaveに対応している店舗は日本国内ではまだ少ないものの、世界では71か国で導入されています。

 

また、iDが付いているデビットカードはSMBCデビットだけです。iDは電子マネーですが、後払い(ポストペイ式)のためチャージが必要ありません。

 

デビットカードを作るパターンとしては、

  • もともと口座を持っていた銀行でデビットを申し込む
  • デビットのために口座を開設する
  • 口座を開設したらデビット機能が自動的に付帯していた

などがあります。

 

SMBCデビットは、ずば抜けて高還元率のデビットカードというわけではありません。しかし、年会費がかかりませんし、電子マネーiDも搭載されているので、とても使いやすいカードといえるでしょう。

 

三井住友銀行の口座を持っている方が利用するのはもちろん、使いやすいデビットを探している方にぴったりです。

 

SMBCデビットカードは、国内だけでなく海外のVISA加盟店(約3,800万ヶ所)で使えます。コンビニやスーパーでの普段の買い物や、旅行など様々なシーンに対応できますよ。

 

VISAデビットは世界中で使いやすい!

デビットカードは、

  • ATMを探し回らなくてよくなる
  • サッと支払える

などのメリットがありますね。実店舗以外にネットショップでも使えます。

 

さらに見逃せないのは、VISA加盟店の多さでしょう。

 

世界中、VISAのマークを見かけます。デビットカードは使えるショップが少ないと思っている方もいますが、そうではありません。

 

海外キャッシングでのATM利用手数料は108円、Visa指定のレート+海外事務手数料3.0%で換算されます。デビットカードでは平均的なレート換算といえます。

 

年会費も無料

SMBCデビットのうれしい点は、年会費が無料なところでしょう。デビットカードは年会費がかかるもの、前年の利用額や利用回数に応じて翌年の年会費が無料になるものなどもあります。

 

デビットカードの年会費を無料にするために○○を買わなくちゃ!となると、本末店頭ですよね。

 

SMBCデビットなら、年会費を気にせず自分のペースで使えます。

 

お金の管理がしやすい

やはり大手都市銀行なので、もともと三井住友銀行口座をメインバンクにしている方も多いでしょう。メインバンクでデビットカードを作ると支出をまとめやすいので、デビットカード一枚でお金の管理がしやすくなります!

 

デビットカードを利用するための、SMBCネットワークアプリがあります。

通常では通帳の入出金明細で、どこでデビットカードを利用したのか、場所は表示されません。ネットワークアプリを使うと、何をどこで購入したのかなど詳細な表示ができるようになります。

 

入金の流れ、クレジットカード(三井住友カード)利用額、SMBC日興証券の残高などすべて併せて確認できるので、お金の管理がスムーズかつ簡単です。

 

また、SMBCデビットだけの利用明細は、会員用WEBから確認できます。

 

15ヶ月前までさかのぼって紹介可能です。さらに会員用WEBからは、取引通知メールや利用限度額の設定や変更、VISA認証サービスの登録や変更などの機能が使えます。

 

SMBCデビットの還元率は?

デビットカードで買い物したほうが、キャッシュバックなどの還元があり、現金よりもお得になります。

 

各種ポイント(楽天デビットなら楽天ポイントなど)が貯まるデビットもありますが、SMBCデビットはキャッシュバックで還元されます。

 

デビットカードは、クレジットカードに比較すると還元率は高くありません。
VISAデビットとJCBデビットでの還元率は、JCBのほうが高めなことが多いです。

 

VISAデビットの還元率は0.2%〜0.5%が平均といってよいでしょう。ちなみにJCBは楽天デビット(JCB)のように還元率が1%のものもあります。

 

SMBCデビットの還元率は0.25%です。

 

そのため、クレジットカードのようにポイントを貯めるために使うカードとしてはおすすめではありません。

 

ただ、現金でそのまま払ってしまうと、もちろん還元されることはありません。現金で購入していた、支払いしていたものをデビットカード支払いに切り替えることで、お得になりますね。

 

SMBCデビットは、自動キャッシュバックとなっています。還元を受けるにあたって、手続きは要りません。ポイントで還元されるカードのように、ポイントが貯まっているのに交換を忘れてしまうということにもなりません

 

ショッピング保険もあり

ショッピング保険が付いていないデビットカードもまだまだ多い中、SMBCデビットなら海外で購入した商品での破損などの補償があります。

 

90日間の補償があるので、安心感も高いですね。また、不正利用補償もあります。セキュリティもぬかりないデビットカードといえるでしょう。

関連ページ

みずほ銀行のJCBデビットカードは大手都市銀行の中でも唯一
埼玉りそな銀行VisaデビットカードはICキャッシュカードと1枚になった
千葉銀行のデビットカードは一般カードとゴールドカードの2種類
めいぎんJCBデビットは15歳以上で名古屋銀行の口座を持っていれば作れる
西日本シティ銀行NCBデビットはVISAとJCBの2種類から選べる
福岡銀行Debit+デビットプラスにはどんなメリットがある?
北洋-JCBデビットの年会費は初年度無料だが2年目以降は540円
もみじ銀行ワイエムデビットJCBカードなら未成年の15歳からOK
山口銀行ワイエムデビットJCBなら預金口座があれば審査なしでOK!
おきぎんJCBデビットのメリットでデメリット
北國Visaデビットカード
常陽銀行デビットカード(JOYO CARD Debit)
スルガ銀行デビットカード
りゅうぎんVisaデビットカード
あおぞらキャッシュカード・プラス
イオンデビットカード(VISA)
イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)
秋田銀行Only Oneデビット<JCB>
タカシマヤプラチナデビットカードのメリット・デメリット
Financial Pass Visaデビットカード(ANAデビット)の口コミ
紀陽JCBデビットカード
東邦Alwaysデビットカード
大垣共立銀行OKBデビット(JCB)
新生銀行J-Deibt(ジェイデビット)