埼玉りそな銀行VisaデビットカードはICキャッシュカードと1枚になった

ずっと持っておきたい一枚

ICキャッシュカードとVisaデビットが1枚になったのが、埼玉りそな銀行のりそなVisaデビットカード〈オリジナル〉です。

デビットカードは、クレジットカードの代わりというよりも、現金やお財布の代用として使えますよ!断然便利&お得な埼玉りそなVisaデビットカードの特徴をご紹介します。

 

りそなVisaデビットカード〈オリジナル〉埼玉りそな銀行

 

即時引き落としで使いすぎない

デビットカードはクレジットカードとは違い、お店などでカード支払いをしたその時に利用額が引き落とされます。銀行の普通預金口座に、その時入金されている額のみ利用できるのです。デビットカードのこの支払方法の最大のメリットは、お金を使いすぎずにセーブできることでしょう。

 

世界中どこでも使える!

国内のVisa加盟店だけでなく、世界中のVisa加盟店でショッピングに利用できます。ショッピングだけでなく、ATMキャッシングもOKですよ!

VisaマークかPLUSマークのあるATMなら、必要な時に現地通貨を引き出せます。

デビットカードがあれば現金を持ち歩く不安もありませんし、両替の手間も省けます。

 

海外利用時には別途事務手数料が必要です。ショッピングでは利用代金の2.5%、キャッシングではATMの利用手数料に加えて2.5%の事務手数料が設定されています。

 

15歳以上で口座があれば申し込める

埼玉りそなVisaデビットは、15歳以上の方ならどなたでも申し込めます。

クレジットカードは18歳以上の方でないと持てません。

また、使い過ぎないという点からも、海外への留学を控えているお子様に持たせるのにもデビットカードはピッタリです。

 

断然お得なデビットカード

埼玉りそなVisaデビットは、埼玉りそなクラブポイントが貯まります。埼玉りそなクラブとは、ポイントを貯めることでパートナー企業のポイントに交換できるサービスです。ショッピングを利用することで、ポイントを貯めていけますよ。(海外ATMの利用や、年会費ではポイントは加算されません。)

 

しっかり貯められるポイント

月間利用額が1,000円ごとに5ポイント貯まっていきます。決まったポイントまで貯まったら、ポイント交換だけでなくキャッシュバックも可能です。

 

入会2年目以降は、1年ごとに埼玉りそな銀行が設定する期間中に1回以上ショッピング利用金額を支払うと、500ポイントがつきます。

 

ただし埼玉りそな銀行のキャッシュカードには、J-Debit機能も併せて付帯しています。

支払い時に「デビットカードで」と言ってしまうと、J-Debitでの支払いになる可能性があります。J-Debitでの支払いになると、ポイントが付きません。支払い時には「Visaカードで」と伝えましょう。

 

安心感も高いデビットカード

りそなVisaデビットカードは、使ったときに利用金額などの内容がメールで通知されます。紛失時にもいち早く不正使用に気づける安心感がありますね。

 

また利用明細は後日いつでもWEBで確認できます。いくら使ったのかチェックするのも簡単ですね。また、埼玉りそなVisaデビットには、不正利用補償が付帯しています。

盗難や偽造されたカードが不正利用された場合、年間150万円を限度として補償が受けられます。

 

気になる年会費は?

デビットカードでも年会費がかからないものも増えてきています。また、三菱東京UFJ銀行のデビットカードのように、年間利用額に応じて翌年の年会費がかからなくなるものもあります。

 

埼玉りそな銀行のVisaデビットの年会費は、500円(税別)です。「お金がかかるのは…。」という方も、期間中に1回以上の買い物で500ポイントがプレゼントされます。そのため条件はありますが、年会費を無料にできると考えてよいでしょう。

 

現金感覚で使える

埼玉りそなVisaデビットは現金感覚で使えます。Visaデビットで支払いすれば、手持ちの現金がなくてATMを探す必要がなくなります。時間も無駄にせず、現金払いよりもお得なデビットカードを使ってみませんか?

Sponsored Link