1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. 良くある質問
  3. デビットカードでレンタカーは借りれるか?

デビットカードでレンタカーは借りれるか?

 2018/08/17 良くある質問   747 Views

デビットカードでレンタカーは借りれるか?

デビットカードでレンタカーを借りられるのでしょうか?レンタカー会社は複数社ありますが、どこでもデビットカードを使えるのでしょうか。

 

また、最近人気が高まっているカーシェアリングでは、登録時にクレジットカードが必要です。デビットカードでも代わりに支払えるのでしょうか?

 

オリックスレンタカーはデビットカードで借りれる?

オリックスレンタカーでは、乗用車タイプのD、RDクラス以上ではクレジットカードでの支払いしかできません。現金や電子マネーなどで支払えるクラスの場合も、持っているクレジットカードの有効性か、現住所か本人確認できる書類の提示が必要になります。

 

つまり、クレジットカードが保証の代用となっていると考えられます。

 

デビットカードの支払いは、クレジットカードの1回払いと同じと考えてよいので、システムとしては支払えます。しかし、現金と同じような扱いで本人確認書類など提示を求められる可能性は高いです。

 

営業所によっては、カードを使えないこともあるので、まず自分が利用する予定の店舗で問い合わせるほうが確実でしょう。

 

ニッポンレンタカーはクレジットカード持ってない人も借りれる?

原則は提携クレジットカードでの支払いを受け付けています。ただし、現金、電子マネー(使用可能なもの)、デビットカードでも支払うことができます。

 

この場合指定以外のクラスや車種を利用の場合は、手持ちのクレジットカードの有効性か補助書類(NO.1CLUBメンバーカードや公共料金の領収書など)の提示が必須です。

 

ニコニコレンタカーはデビットカードで借りれる?

格安の料金設定で人気が高いニコニコレンタカーでは、クレジットカード決済はほとんどの店舗で可能です。デビットカードも国際ブランドのものなら、クレカ1回払いと同じ処理なので原則は使えます。

 

ただ受け付けているカードの種類が店舗によって異なっているため、デビットカード利用前には店舗に直接問い合わせましょう。

 

タイムズレンタカーはデビットカードで借りれる?

タイムズレンタカーは、原則クレジットカードでの清算を受け付けています。デビットカードは、クレジットカードの1回払いと同じ処理となるので、システム上は使えるでしょう。

 

クレジットカード以外の支払い方法としては、貸出の事前予約をしておくと店頭で現金支払いも可能です。現金支払いの場合は免許証に加えて本人確認書類の提示が求められます。

 

クレジットカードが本人確認書類の代用となっていると考えると、デビットを利用するなら事前に貸し出し予約をし、本人確認書類を準備したほうがよいでしょう。

 

タイムズレンタカーでは、ネット予約後そのまま事前決済をしておくこともできます。決済画面でデビットカードの情報を入力し、使用できるかどうかを確かめられます。

 

予約なしの場合はクレジットカード払いしかできません。また電子マネーも2014年から利用できなくなっていますので、ご注意ください。

 

日産レンタカーはデビットカードで借りれる?

クレジットカード支払い、リクルートかんたん支払い(リクルートIDとクレジットカードで決済)、現金での支払いが可能です。ただ原則はクレジットカード払いになっているため、車種によっては、クレジットカード払いしかできません。

 

Webクレジットカード支払いは、事前にオンラインで決済するものです。クレジットカードの1回払いと、デビットカード払いは、決済の処理は同じと考えられています。

 

そのため、デビットカードの利用を希望するなら、入力して確認するとよいでしょう。

 

ただ遅くとも30日前までに予約しないといけないこと、キャンセル料は一律で予約料金の50%となること、対象店舗や車両クラスが限定されていることなどから、さほど便利な方法というわけではありません。

 

現金支払いでは、免許証のほかに会員カード、保険証、パスポートなどのいずれかの提示と、携帯電話の着信の確認があります。デビットカードではクレジットカードのような身分証明や支払い保証の役割は果たせないため、店舗でこれらの確認が行われる可能性が高いです。

 

デビットカードの利用前には店舗に連絡を入れ、支払いが可能か、また提示する書類などを確かめましょう。

 

トヨタレンタカーのweb決済でデビットカードは使える?割引はどうなる?

トヨタレンタカーのweb決済では、VISAやJCBなどのマークがついているブランドデビットカードなら利用可能です。ただし、キャンセルなど利用の取り消しをした際に返金が遅い、また二重引き落としが起こりやすい傾向にあります。

 

そのため、トヨタレンタカーから取り消し処理をしてもらう必要があります。またレンタカーメンバーがWebサイトから予約した場合にメンバー割引や、提携カード割引などがあります。

 

提携カードの種類によって割引率が違い、割引適用外のクラスなどもあるため、事前に店舗で確認しましょう。メンバー割引とカード割引の併用はできません。

 

デビットカードが使えてもキャンセルには要注意

一部のレンタカー会社ではデビット支払いに対応しているものの、提示する書類は現金と同じ扱いとなると考えておいたほうがよいでしょう。

 

また、デビットカードはその特性上キャンセル後の返金が遅くなってしまうことが多いのです。

 

利用期間が長い場合など、金額はどうしても大きくなってしまうので、その間は口座残高が少なくなってしまいます。請求のタイミングによって、二重引き落としとなる状態も起こりやすく、デビットカードを利用するなら、口座残高に十分な注意が必要になります。

 

さらに差額が発生しやすいレンタカーの利用では、使用後の決済の方法も考えておく必要があるでしょう。

 

海外でのレンタカー利用でデビットカードを使う注意点

海外旅行の際にもレンタカーを利用する機会は多いですね。その場合にデビットカードを使うなら気を付けておきたい点があります。海外ではデビットカードのシェアも高いため、レンタカーでもデビットカードを利用できるところもあります。

 

ただ飛び込みでレンタカーを利用したいと申し込むのではなく、問い合わせをしておきデビットの利用が可能かを確認するべきでしょう。

 

デビットカードを使える場合も「デポジット」に注意をしておかないと、その後口座残高不足でデビットが使えなくなってしまうおそれがあります。

 

デポジットは保証金を利用前に支払い、利用後に返金となります。

 

デビットカードでは返金の手続きが遅くなるケースが多いのです。日本国内なら利用した店舗に情報を送るように依頼して、返金を急いでもらうこともできます。しかし海外ならその連絡をスムーズに電話などで入れられるでしょうか?

 

またデポジットが戻ってくるまではデポジットと利用料金をどちらも払っている状態のため、口座の残高は少なくなっています。もちろんデビットカードをショッピングなどにも使うでしょうから、残高が少なくなる可能性も高いです。

 

残高不足で何度も決済の引き落としがかかってしまうと、デビットカードの利用停止となります。

 

海外のレンタカー利用で、デビットカードを使えないわけではありませんが、使える場合も注意が必要でしょう。(海外旅行で使えるデビットカードの失敗しない選び方参照)

 

カーシェアリングでデビットカードは使える?

レンタカーよりもごく短時間で、費用的にも利用しやすいのがカーシェアリングです。

 

結論からいうと、デビットカードでカーシェアリングの支払いをするのは不可能です。

 

カーシェアリングの代表的なサービス事業者にはタイムズカープラスやオリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブなどがありますがいずれもデビットカードで支払えると書かれているところはありません。

 

  • タイムズカープラス「JCBデビットとVISAデビットは決済に不具合が生じる場合があるので登録できません」
  • オリックスカーシェアリング「ご自分名義のクレジットカードをご準備ください。デビットカード、Vプリカ、各種電子マネーはご登録いただけません」
  • カレコ・カーシェアリングクラブ「ご本人名義のクレジットカードでのお支払いとなります。デビットカード、プリペイドカードはご利用いただけません」

 

やはりレンタカーと同様にクレジットカードが単に決済する方法としてだけでなく、支払いをクレジット会社などに保証されていることに理由があるでしょう。

 

一部の口コミでは

 

「ジャパンネット銀行のVisaデビットなら登録できた。」
「スルガ銀行のVisaデビットなら使えた。」

 

という情報もあります。

 

ブランドデビットカードの決済処理はクレジットカードの1回払いと同じなため、カードを登録できれば支払えるかもしれません。しかし事業者側が求めているのはクレジットカードですから、デビットカードの登録を試して利用できたとしても本来の利用方法ではなく、規約違反といわれても反論できないでしょう。

 

クレジットカードがない状態でカーシェアリングを利用したいなら、家族会員制度がある事業者にクレジットカードを持っている家族に申し込んでもらう方法しかないのです。

 

レンタカー、カーシェアリングいずれも「デビットカードでどんどん支払ってください!」という対応ではありません。

 

クレジットカードは与信審査を行う信用取引のため、クレジット会社が立て替える状態で決済が行われます。そのため未払いのリスクを事業者が受けることは少なくなっています。

 

デビットカードでは口座残高が不足していると、すぐに損失につながってしまうため、支払い方法として選択できないところが多いのです。

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • PSNはデビットカードの登録も可能!

  • 家族カードが使えるデビットカードは?

  • マネーフォワードでデビットカードを連携する方法

  • デビットカードの保険や補償について

  • 海外留学ならどのデビットカードがおすすめ?

  • デビットカードとLINE Payの違いは?