楽天銀行デビットカード(Visa・JCB)のメリット・デメリット

楽天ポイントの還元率ならJCBがイチオシ!

楽天銀行が発行するデビットカード3種類の中でも、イチオシは断然「楽天銀行デビットカード(JCB)」です。まず最大のメリットは、年会費永年無料という点が挙げられます。

 

楽天銀行デビットカード(JCB) 楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) 楽天銀行デビットカード(Visa)
年会費永年無料 年会費3,086円(税込) 年会費1,029円(税込)
1,000円=10ポイント(ポイント還元率1%) 1,000円=5ポイント(ポイント還元率0.5%) 1,000円=2ポイント(ポイント還元率0.2%)

 

デビットカードやクレジットカードを作る時に気になる点は、年会費と利用のバランスが取れているかでしょう。年会費を払ってデビットカードを所持していても、使用頻度が低ければ会費分を損することとなります。

 

楽天銀行デビットカードJCBは年会費が永年無料で安心です。持っているだけでコストがかからないかどうかは、長くカードを使っていくならとても重要な点になるでしょう。ちなみに楽天が発行する別の2種類のデビットカードでは、Visaなら1,029円の年会費、ゴールドデビットVisaなら3,086円の年会費がかかります。

 

楽天デビットカードJCBのお申込みはコチラ

 

楽天デビットカードVISAのお申込みはコチラ

 

高いポイント還元率が約束

楽天デビットカードJCB

 

最も重視したいポイント還元率では、クレジットカードと変わらない高還元率が大きな特徴になっています。高いポイント還元率と一般的に言われているクレジットカードでも1.0%〜1.75%程度のものが多く、デビットカードでは0.2%〜0.5%の還元率が多くなっています。

 

誕生月などにキャンペーンとしてアップするデビットカードもありますが、それでもクレジットカードに比較するとあまり還元率は期待できないものでした。

 

しかし楽天銀行デビットカードJCBでは100円で1ポイント、なんと1.0%の還元率となっています。100円利用するごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まっていきます。楽天Visaデビットなら0.2%、ゴールドデビットVisaでも0.5%の還元率であることに比べるとポイント目的の利用としても十分です。Visaではポイント優待デーがありますが2倍までです。

 

ということは、常に1.0%付与されるJCBのお得さは際立っていますよ。それだけではなく、楽天市場でお買い物するならいつでもポイントは2倍(通常のポイントに加えて楽天市場利用ポイントが1%)という点にも注目しておきたいところでしょう。

 

溜まった楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天ブックスなど楽天グループで利用する、または楽天銀行の振込手数料としても使えます。

 

デビットカードとしてのスペックも十分で、銀行預金からの即時支払いにより現金感覚で使える点は、他のデビットカードとまったく同じです。他にも楽天銀行のキャッシュカードとしての利用、ネットショッピング、海外でのショッピングやキャッシングにも使える点を兼ね備えています。

 

楽天デビットカードJCBのお申込みはコチラ

 

楽天デビットカードVISAのお申込みはコチラ

 

楽天デビットカード(JCB)は海外では使えない?

海外での使い方はとても便利です。JCBのマークがついたショップなどで、1回払いでの支払いが可能になります。さらに国際キャッシュカードとしても使え、預金を現地通貨で引き出せます。原則として引き出し時には手数料はかからず、現金を持参して両替するよりもお得な利用が可能になるでしょう。

 

さらに海外キャッシングでは、JCBやCircusのロゴがあるATMで利用できます。長期の海外旅行や留学などにも、デビットカードがあると安心です。

 

海外での利用限度額は1日につき最大20万円です。海外で入金はできませんので出発前に準備しておきましょう。留学なら日本の口座に入金すれば現地で引き出せます。送金の手間なく仕送りができるので、生活費の不安を感じずに暮らせます。海外利用時には、定められたレートに3.024%が加わったコストがかかります。

 

 

但し、渡航先によってJCBが使えない場合があります。私がニュージーランドへ旅行した時にはJCBが使えるお店が少なくて不便でした。


 

安全性が高く使い過ぎが防げる

JCBの本人認証サービスを利用できるため、ショッピング時などはセキュリティ面でも安心です。J/Secureというサービスで、ネットショッピング時に利用できます。ネットから簡単に設定OKです。

 

さらに楽天デビットカードは、口座に入金されている金額のみ使えるため使い過ぎを防げます。初めてカードによる支払いを利用する方も安心できるところでしょう。

 

楽天デビットカード(JCB)の利用限度額は、1,000円単位と細かく設定できます。盗難補償はついているため、もともと安心感は高いですね。さらに被害に遭った場合にも、最低限に抑えられるでしょう。

 

楽天会員の方も以外の方にも

楽天銀行デビットカード(JCB)は、口座開設と同時に申し込めます。ネット銀行ですから、手続きはすべてネット経由でOK、忙しい方も手間がかかりません。口座開設申し込み時に、キャッシュカードの選択の際にJCBデビットを選ぶだけです。現在楽天銀行の口座を持っていない方も、もちろん利用できるようになりますよ。

 

すでに楽天会員の方は簡単申し込みができます。楽天会員のための楽天カードと、楽天デビットカードは2枚同時に持つことができません。すべて切り替えになる点に注意しておきましょう!

 

口座を持っているなら、ログインした後に手続きできます。キャッシュカードからの切替も、ネットで行えます。JCBデビットカードが届いたら、即利用開始可能です。デビットカードに有効期限はありますが、更新は自動的に行われ1ヶ月前から新しいカードが郵送されます。

 

楽天デビットカードJCBのお申込みはコチラ

 

楽天デビットカードVISAのお申込みはコチラ

 

楽天デビットカードは審査がない

クレジットカードは、どうしても借金の感覚があって抵抗がある方には、デビットカードは断然おすすめです。またクレジットカードのサブカードとして別のペイメントカードを探している方にも、楽天銀行デビットカードJCBは十分なスペックといえるでしょう。

 

楽天銀行デビットカードJCBなら、16歳以上の方は審査なしで利用できるようになります。また審査がないので、学生以外に定年後のシニアの方も持ちやすい一枚ではないでしょうか。

 

楽天デビットカードの発行日数は?どれくらいで届くの?

私の場合、楽天デビットカード(JCB)を申し込んでからちょうど1週間で自宅に届きました。

 

楽天銀行からデビットカードが届いた

 

楽天銀行デビットカード(JCB)の申込を受け付けました

 

郵便局からの本人限定郵便なので、本人以外は家族であっても受けることは出来ません。不在であっても不在通知が入るので、後日、再配達か郵便局での受け取ることができます。

 

楽天デビットカードJCBのお申込みはコチラ

 

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)を選ぶメリットは?

年会費が3,086円(税込)かかりますが、その分のメリットとして数々の優待特典を受けることができます。

 

  • ショッピング保険
  • 盗難補償
  • Visaゴールドカード特典
  • 海外利用サポート 24時間日本語サービス(Visaのサービスです)

 

Visaゴールドカード会員限定の特典

Visaゴールド国際線クロークサービス(一時預かり) 国際線をご利用する際、空港で一時的に手荷物を預けることができるサービスです。通常料金より15%OFFでご利用いただけます。
Visaゴールドライフサポート 割引優待が受けられる「ベネフィット・ステーション」と、特典商品がもらえる「モラエル」に月額1,026円(税込)で入会すると、ベネフィット・ステーション内で使えるポイントが1,500ポイント(1,500円相当)もらえます。
Visaゴールド空港宅配 海外からご帰国後、海外でのVisaカード利用控えを提示いただくと、通常平均1,700円が1個目500円(税込)。2個目以降は通常料金より15%OFF。日本からご出国時、1個目から通常料金より15%OFFでご利用いただけます。
Visaゴールド海外Wi-Fiレンタル 海外モバイルWi-Fiルーターレンタルのデータ通信料金が、20%OFFでご利用いただけます。

 

 

主に国内での利用で楽天ポイントをお得に貯めたい場合は「楽天銀行デビットカード(JCB)」を選んで、海外旅行などに使いたい場合は「楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)」を選ぶとよいでしょう。


 

楽天デビットカードJCBのお申込みはコチラ

 

楽天デビットカードVISAのお申込みはコチラ