パチンコ店内でデビットカードを使ってICカードが買える?

パチンコ店内でデビットカードを使ってICカードが買える?

パチンコ屋さんでデビットカードの機械を見たことありますか?店舗の宣伝などでも「デビットカードOK!」と書いてあるのを見かけたこともあるのではないでしょうか。パチンコ店ではデビットカードを使ってパチンコのカードを購入できるのか、使えるデビットはどんな種類なのかをご紹介します。

 

パチンコ店内でデビットカードを使ってICカードが買える?

一部のパチンコ店内には、デビット券売機が設置してあります。キャッシュカードでパチンコができるICカードを購入できるものです。デビットカード券売機という名称ですが、対応しているのは日本国内限定のJ-Debitだけです。

 

ただし、使い過ぎなどを防ぐために、1日の利用額は3万円までとなっています。

 

また、利用時間が平日8時から21時、土日祝は9時から19時はコア時間帯としてJ-Debitが必ずサービスを提供するように金融機関に義務付けています。それ以外の時間帯は金融機関によって利用可能かどうかは異なります。

 

そのためパチンコ店の営業時間内(9時開店23時閉店が一般的)はずっと使えるわけではないデビットカードもあると考えておきましょう。

 

利用できる金融機関

ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、ジャパンネット銀行、新生銀行、三井住友信託銀行、SMBC信託銀行、新銀行東京や、地方銀行、第二地方銀行などでも利用サービスの対象となっています。

 

手数料はお得になる?コンビニでおろすよりお得?

デビット発券機を設置した当初は認知度を高めるために、デビット発券機の利用は手数料無料としているパチンコ店も多かったようです。今でも手数料がかからずに、ICカードを購入できるところもあるようですが、店舗によって違いがあります。手数料がかからずに利用できるところでは、当然コンビニでおろすよりもお得です。

 

ICカードを購入後即換金はOK?

ICカードで通常はパチンコをし、その後精算機で換金するという利用方法です。この利用方法で、パチンコをせずにそのまま清算して換金すると、ATM利用手数料の節約になるともいわれています。節約の裏技の一種ですが、デビット発券機利用の手数料がかからない店舗でないと意味がありません。

 

また、あくまでもパチンコをする方の便宜を図るための方法ですから、近くにATMがない緊急事態以外にはあまり積極的に利用しないほうがよいでしょう。

 

パチンコ店のデビット券売機ではVisaデビットを使えない

J-Debitに対応しているので、VisaデビットカードやJCBデビットカードなどの国際ブランドのデビットカードは使えません。

 

また、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行などの一部の金融機関では、事前に銀行窓口で申し込みをしておかないとICカードを購入できないことがあります。カードの発行時期によって異なりますので、金融機関で直接確かめましょう。

Sponsored Link