デビットカードの二重引き落としとは?

デビットカードの二重引き落としとは?

デビットカードで起こりやすい問題として、二重引き落としがあります。即時決済のメリットが際立つデビットカードですが、それが二重引き落としのリスクにつながってしまうのです。返金に多少時間がかかってしまう可能性もありますが、より早く返してもらうための対処法を知っておくと安心です。二重引き落としのしくみと、どうやって対策するかを知っておきましょう。

 

デビットカードのオーソリと引き落としの関係

オーソリとは、信用承認を意味します。売上情報もオーソリ電文と呼ばれていることもあります。信用承認の場合では、ショップ側がカード会社に、カードの所有者(カード会員)の信用を確認するものです。カードで決済できるかどうかを確かめているわけですね。

 

デビットカードでは、オーソリが店舗からカード会社に届いた時点で利用額として引き落とされます。クレジットカードのオーソリでは、実際の決済までにタイムラグが発生しますが、デビットではそうではありません。

 

なぜ二重引き落としが起こる?

そもそも二重引き落としとは、お金が二回引き落としされてしまうことを意味します。デビットカードで二重引き落としが起こりやすいのは、銀行口座から即時決済していることに理由があります。

 

二重引き落としが起こりやすいケースはいくつかあります。

 

・予約してデビットカード支払いした場合

商品を予約した段階でデビットカードを使ったときに、オーソリが一旦送られ引き落としとなります。その後売上情報が再度送られると、また引き落としされて二重引き落としとなってしまうのです。ネットショップの実際に販売する前に予約できるシステムは、利用者にとっては確実に購入できるメリットにつながっていますね。反面代金を先に支払うことで、カード利用と実際の購入の時差が二重引き落としを引き起こす要因となってしまうのです。

 

・商品の金額に変更が起こった場合

決済時に一旦口座から引き落としたあと、最終金額が変更になることもありますね。この場合、最終的な金額での売り上げ情報をカード会社に送ることで、二重引き落としになってしまうのです。

 

・購入などをキャンセルした場合

商品やサービスを予約後キャンセルした場合にも一旦引き落とし後返金となります。店舗側がキャンセル処理するよりも早く、すでに引き落としが完了している状態です。二重に引き落としているわけではないですが、商品が手元にない状態でも支払いを済ませている状態です。

 

・為替調整

海外で利用した場合に、利用日の為替レートで日本円に換算し一旦引き落とされます。その後売り上げ情報が加盟店から届いた後、差額が発生している場合に再度引き落としとなるケースがあります。これは払わなくてもよい額を支払っているわけではありませんが、引き落とし回数が複数になってしまいます。また為替差で逆に返金となる場合もあります。

 

クレジットカードの二重引き落としとの違い

クレジットカードでは、カードが使えるのかどうかを確認後、実際の引き落としまでに時間があります。1回のショッピングごとに決済するのではなく、決まった期間に利用した額をまとめて利用者から引き落としているからです。

 

クレジットカードでの二重引き落としは、加盟店のミスであることが多いのですが、デビットカードはそうではありません。信用承認と決済の時間差がないため、取り消す時間がないからです。

 

二重引き落とし後の返金

二重引き落とし時には、もちろん返金されます。店舗からキャンセルや正確な処理を行うことで、カード会社が後日口座に返金することになります。カード利用者は何もしなくても、「いつかは」返金されるのを待てばよいのです。大きな問題は、いつ返金されるのか、この点にあるでしょう。

 

数日で返金されたということもあれば、1ヶ月半、場合によっては数か月後になってしまったという方もいるようです。デビットカードとショップの関連性が、返金時期が統一されていない理由です。売上情報の伝達時期の問題ですが、二重引き落としが起こってしまったときには口座残高に注意が必要です。

 

二重引き落とし時の残高不足に要注意!

一旦引き落としされた口座残高は、返金されるまでは2回支払っていることになります。その状態で新たに買い物しようとしたとき、残高不足が起こる可能性があります。お給料の振込口座や、十分に残高を準備している場合なら、さほど心配はいりません。しかし、デビットカード専用口座として使い過ぎない程度の金額を入金している場合、二重引き落としされた状態では次の買い物で決済できないケースもあり得ます。

 

決済できない状態が続くと、デビットカードの利用停止につながってしまいます。対策としては、返金処理を急いでもらうように店舗へ依頼することです。特に連絡を入れなくても返金されますが、連絡を入れると返金までの時間が短くなるケースが多いです。

 

JNB Visaデビット(ジャパンネット銀行)の二重引き落とし後の処理

JNB Visaデビットでは、一部のショップがカード番号の有効性を確認するオーソリを行っています。現在わかっているのは、PLAYSTATION(R)NETWORK(オンラインゲーム)と、ADOBE(ソフトウェア)です。この場合は50円、100円、200円程度の引き落としです。ショップが返金処理を行うと即時返金となるのですが、返金処理されないと60日後に口座に返金となってしまいます。

 

二重引き落としでも同様に、ショップが返金処理すると1営業日以内に返金が可能です。返金処理されないと60日後に返金となってしまいます。急いでいる場合は、オーソリ取り消しを送信してほしいとショップに連絡を入れる必要があります。

 

三菱東京UFJ-VISAデビットで二重引き落としされたら

加盟店での処理によって、最大45日後の返金となる場合があります。利用データを加盟店が分割処理して送信した場合などに起こりやすいです。返金情報はデビットデスクで調べられます。(受付時間は9時から17時。土日祝も年末年始以外は営業)

 

楽天銀行デビットカードで二重引き落としが起こったら

店舗によるキャンセル処理が行われていない場合は、デビットカード(Visa)では45日、デビットカード(JCB)では最大90日で自動的に返金されます。返金を急ぐ場合は、利用した店舗にキャンセルのオーソリを送るように連絡を入れる必要があります。キャンセル情報が楽天銀行に届かないと、返金の処理ができません。

 

セブン銀行デビットカードでの二重引き落とし

JCB加盟店によるキャンセル処理が行われない場合は、60日経過後に返金となります。急ぐ場合は加盟店(購入したショップ)にキャンセル処理を依頼しましょう。

 

住信SBIネット銀行デビットカードの二重引き落とし

店舗の送信する情報に基づいた処理となるため、返金までの日数は異なります。店舗が処理するタイミングによるので、返金を急ぐ場合は店舗に問い合わせてみる必要があるでしょう。

 

りそな銀行Visaデビットの二重引き落とし

加盟店での処理方法や、取り消しと返品処理などの原因で、二重引き落としになる場合は返金の処理は2週間から1ヶ月程度必要です。二重に引き落としになる際に、残高不足が発生するならメールで連絡が入りますので一旦入金する必要があります。

 

また加盟店によっては、カードの有効性を確かめるために50円から200円程度でオーソリを行うことがあります。その場合加盟店が返金処理を行うと即時返金可能ですが、返金処理されないと45日後に返金となります。有効性確認を行っている店舗にはアップルiTunesストア、Google*LINE、Google*MIXIなどがあります。
いずれにしてもVisaデビットサービスセンターで問い合わせを受け付けています。気になる点や不明点は連絡を入れましょう。

 

amazonで二重引き落とし時の返金はどうなる?

ネットショップごとに処理は違いますが、amazonでの二重引き落としでの例を見ておきましょう。

 

デビットカードでは承認後に利用内容の変更があった場合に再度承認を行うので、変更時の金額も再度引き落とされてしまいます。後日返金されるまでは二重引き落としとなります。ただ返金までの期間はカード発行会社によるとなっていますので、お持ちのデビットカードで返金期間を確認しておきましょう。また、急ぐ場合にはamazonカスタマーセンターへ連絡するとよいです。

 

二重引き落としはamazonで起こりやすいといった情報もありますが、利用者の多さが情報の多さへとつながっている可能性も高いでしょう。どこのショップやサービスで起こりやすいといったこと一概にはいえません。

 

デビットカードの特性として、二重引き落としはエラーではなくシステム上起こってしまうことです。必ず返金はされるので、心配しなくてもよいですが、多く払っている状態は口座残高の点からも確かに不安です。そのため、口座残高の金額に十分注意し、返金を急ぐなら購入店に連絡を入れるという流れを把握しておくと安心です。

Sponsored Link