1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. JCBデビットカード
  3. 紀陽JCBデビットカード

紀陽JCBデビットカード

 2018/08/17 JCBデビットカード   55 Views

紀陽銀行は、JCBデビットカードを発行しています。自分の銀行口座からお金をおろさなくても、デビットカードで口座からの即時決済が可能です。

 

クレジットカードの加盟店で利用できます。使い過ぎない現金感覚の決済方法のため、お金の計画が立てやすくなるでしょう。

 

たくさんの銀行がデビットカードを取り扱い始めました。紀陽銀行のデビットカードは、他のデビットカードとどんな違いがあるのでしょうか?

 

紀陽銀行はJCBデビットを発行

発行銀行が増加中のデビットカードは、日本国内発行のものはVISAデビットとJCBデビットがあります。紀陽銀行ではJCBデビットを取り扱っています。

 

JCBデビットは日本国内の利用や、アジア圏での利用は加盟店の多さからも十分に使い勝手が良いものです。世界中で約3100万店の加盟店があります。またネットショッピングでも、JCBに対応していればもちろんお使いいただけます。

 

紀陽銀行のデビットカードはデビット機能のみのカードです。キャッシュカードとして使うことはできません。

 

紀陽JCBデビットの年会費

紀陽JCBデビットカードでは年会費がかかります。本人カードは1,000円、家族カードは500円となります。ただし、初年度はどなたでも無料です。2年目以降は、

 

  • 年間ショッピングが10万円以上
  • 携帯・PHS料金のデビットカード決済(ソフトバンク、au、ドコモ、Y!mobile)
  • 本会員の年齢が22歳以下

 

のいずれかに該当すれば年会費がかかりません。

 

紀陽JCBデビットの申し込み方法

普通預金口座を持っている満15歳以上の方なら、申し込めます。原則として審査は行われません。申し込みは紀陽銀行のデビットカードのサイトから行えます。会員規約などに同意の上手続きをスタートしましょう。

 

また紀陽銀行本支店の窓口でも申し込み可能です。

 

利用時の明細はどうなる?

利用明細書は郵送では届きません。明細はMyJCBに登録し確認することになります。

 

MyJCBでは最長15ヶ月分の利用明細を確認できます。

 

気になった時にいつでも確認できるので、紙の明細よりも便利です。

 

紀陽銀行デビットカードのポイント還元率

紀陽JCBデビットでは、JCBのOkiDokiポイントが貯まります。OkiDokiポイントは商品や他のポイント、マイルへ交換可能です。

 

またキャッシュバックもできます。

 

1,000円ごとにOkiDokiポイントが1ポイント貯まるようになっています。毎月の合計額でポイント換算されるので、1回の利用は少額でもきちんと還元されるのがうれしいですね。

 

還元率は商品やポイントなど、何と交換するのかによって変わってきます。

 

たとえばスターバックスのカードチャージへの交換なら、1ポイントはカード4円分です。(2017年12月19日以降)キャッシュバックなら1ポイント3円となります。おおよそ0.3%〜0.5%程度の還元率と考えておくとよいでしょう。

 

また海外利用時にはポイントがダブルになるサービスや、OkiDokiランド(ネットショッピング)を利用することで、ポイントが2倍〜20倍になるサービスもあります。

 

デビットカードはポイントが貯まりにくいといわれていますが、紀陽JCBデビットなら効果的に貯められそうですね。

 

紀陽デビットに申し込みキャンペーンなどはある?

デビットカード発行に新規参入している銀行が多くなっています。そのため各社申し込みキャンペーンなどを行っていることがあります。

 

紀陽JCBデビットでは、2017年12月1日時点ではキャンペーンは特に行われていません。

 

しかし、入会初年時なら年会費無料などデビットスタートはお得に利用できるようになっています。

 

家族カードの発行あり!

デビットカードは低年齢から発行できることもあり、家族カードが発行されているものは大変少ないです。

 

家族カードのメリットはクレジットカードと同じように、支払い管理を家族でまとめられる点があります。またまとめることで、ポイントが集めやすくなりますね。

 

紀陽JCBデビットは数少ない家族カード発行可能なデビットカードです。

 

家族カードが持てる銀行では、スルガ銀行デビットがあります。

 

ただスルガ銀行デビットカードは、口座残高不足時の自動融資があるため審査が行われます。紀陽銀行では、原則審査なしで発行となるので申し込みやすいでしょう。

 

ただし、家族会員の方も年会費が必要で、本人カードは1,000円のところ500円かかります。

 

海外利用での手数料は?

海外でのショッピングや、現地通貨引出時には、JCB基準レートに紀陽銀行所定の3%を加えて円貨換算した手数料がかかります。

 

JCB基準レートは変更されることもありますが、およそ1.6%程度です。そのため4.6%程度で算出されます。さらに海外ATMやCDでの引き出しごとに100円手数料がかかります。(別途現地金融機関の使用料がかかる場合もあり)

 

保険と補償も充実

ショッピング保険や、旅行傷害保険が付帯しているため安心感が高いのも紀陽JCBデビットの特徴でしょう。

 

ショッピング保険は、海外で紀陽JCBデビットを使ってショッピングした際に利用可能です。

 

購入から90日間年間最高100万円まで補償があります。(1事故につき自己負担1万円)旅行傷害保険は、事故、病気、けがなどに最高3,000万円までの補償があります。(海外・国内で補償内容は異なります。)

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • おきぎんJCBデビットのメリットでデメリット

  • 山口銀行ワイエムデビットJCBなら預金口座があれば審査なしでOK!

  • 北洋-JCBデビットの年会費は初年度無料だが2年目以降は540円

  • 千葉銀行のデビットカードは一般カードとゴールドカードの2種類

  • イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)

  • セブン銀行デビットカードならnanacoも使えて最大1.5%ポイント貯まる