北洋-JCBデビットの年会費は初年度無料だが2年目以降は540円

年会費が2年目以降は540円かかるのがデメリット

北洋銀行から発行されているデビットカード「北洋‐JCBデビット」は、クレジットカードとはまた違うとっても便利なカードです。

現金の代わりに現金と同じように使えますが、さらにお得で使いやすく、安全性も高まってメリットがたくさんあるのがデビットカードです。

 

北洋ーJCBデビット

 

現金&クレジットカード代わりとして!でも使いすぎの心配なし

デビットカードを利用した支払いは、即時決済つまりカードをレジで出したその時に完了してしまいます。ATMに並んで現金を引き出す必要はなく、「買い物したいけれど手持ちのお金が不安…。」という心配も解消されるのです。

 

しかし口座に入っている金額だけしか使えませんから、クレジットカードのように後から利用明細を見てびっくり!ということにもなりません。

 

年会費は初年度無料

年会費は初年度ならかかりません。2年目以降は540円になっています。

 

北洋‐JCBデビットは、インターネットでの申し込みで簡単にスタートできますよ。

申込から2〜3週間でカードが届きます。他にも店舗での申し込みも可能です。

 

ポイントが貯まるから現金より断然お得

毎月の利用合計金額が1,000円ごとに1ポイント貯まります。JCBのOkiDokiポイントプログラムを利用したものです。

貯まったポイントは商品、ギフトカード、提携会社のマイルクーポンやポイントとの交換、キャッシュバックなどに利用できます。

交換するアイテムによって還元率などは変わってきます。現金で買い物をすれば、買っただけとなりますが、デビットカードならきちんとお得になりますね。

 

安全性も高い!

デビットカードでショッピングなどをしたときに、すぐに指定したメールアドレスに通知が届きます。金額などをきちんと確認できるので安心ですね。

落としてしまった際に、万が一不正使用されてしまったときにもすぐにわかります。

 

海外旅行の強い味方に

JCBは国際ブランドですから、世界中で利用できます。観光地、主要空港などに設置されているJCBかCircusマークがついているATMやCDで、その国の通貨を引き出せます。そのため、旅行中に両替の手間や心配をしなくてよくなります。海外旅行前に、預金残高をきちんと確認しておきましょう。

 

またATMやCDの引き出しは1回につき108円かかります。為替レートはJCBが定める1.6%に加えて北洋銀行が定める3.0%と合わせた料率で円貨に換算されます。

 

旅行傷害保険も手厚い

治療費用だけでなく、賠償責任救援者費用携行品の損害などまで補償があります。事前に北洋‐JCBデビットで旅行費用を支払っておくことが条件です。北洋‐JCBデビットは、海外ATMでのキャッシングが便利なだけでなく、保険も手厚いですね。

Sponsored Link