1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. JCBデビットカード
  3. 北洋-JCBデビットの年会費は初年度無料だが2年目以降は540円

北洋-JCBデビットの年会費は初年度無料だが2年目以降は540円

 2018/08/17 JCBデビットカード   83 Views

北洋銀行デビットは審査なし

北洋銀行のデビットカードは、北洋‐JCBデビットという名称です。北海道にお住まいの方が申し込めます。口座から即時引き落としのため、現金代わりとして使えます。クレジットカードとは違って使い過ぎない安心感が特徴です。

 

北洋ーJCBデビット

 

審査なしで15歳以上の方が利用できるデビットカードです。ただ、道内に住んでいる方しか銀行口座を保有できないため、誰でも作れるデビットカードというわけではありません。

 

北洋‐JCBデビットは、還元率もJCBデビットとしては平均程度です。また、年会費も額としてはさほど大きくないものの必要です。他に付帯できる機能は、旅行傷害保険ぐらいでしょうか。

 

どんどんデビットカードを発行する銀行が増えている中、もともと北洋銀行の口座を持っている方以外には、あまりメリットがないデビットではないでしょうか。

 

年会費が2年目以降は540円かかるのがデメリット

年会費は初年度無料です。2年目以降は540円かかります。年会費が必要なデビットカードは1,080円程度のものも多いので、それに比較すると少し低めです。

 

さらに2年目以降も条件を満たせば年会費無料となります。

 

満23歳以下の方または1年間の利用合計額が10万円以上の方は、年会費がかかりません。

 

北洋‐JCBデビットの還元率は?

毎月の利用額の合計1,000円ごとに、OkiDokiポイントが1ポイント貯まります。OkiDokiポイントは、商品や現金、商品券、他のポイントやマイルなどに交換可能です。交換先によって還元率が異なります。

 

たとえば、キャッシュバックするなら500ポイントが1,500円になります。(500ポイント以上から交換可能)OkiDokiポイントが1ポイントで3円となるので、この場合は0.3%の還元率となります。JCBのギフトカードへ交換するなら、1,050ポイントで5,000円分です。

 

JCBデビットの場合は、還元率が1%程度のものもあります。それと比較すると北洋‐JCBデビットはあまり還元率が高いというわけではありません。現金で払うよりはもちろんお得ですが、高還元率のものなら別のデビットを探しましょう。

 

北洋‐JCBデビットの利用可能時間は?

以前はデビットカード利用可能時間が限定されていました。夜間が使えないなど、不便だったのですが改善されています。原則24時間365日の利用に対応しています。

 

ただし、毎月第二、第三土曜日の21時から翌日曜日の6時まではシステムメンテナンスで利用できません。メンテナンス時間が早くからスタートするので、メンテナンスの日に飲みに行きデビットで支払おうと思ったらできない、という可能性がありますね。

 

セキュリティも安心

使った後にすぐにメール通知が届きます。引き落とし額と確定金額に違いが発生した場合も通知されます。万が一の不正利用などにもすぐに気づくことができるので、セキュリティ面も安心です。

 

ただ、メール通知サービスはどのデビットも付帯しているので、北洋‐JCBデビット特別のサービスというわけではありません。

 

旅行傷害保険が付帯

旅行費用などを北洋‐JCBデビットで支払うと、旅行傷害保険が付帯します。クレジットカードでは付帯していることが多い旅行保険ですが、デビットカードではあまり多くありません。

 

北洋‐JCBデビットでは補償が付いているので、旅行によく行かれる方におすすめです。

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • みずほ銀行のJCBデビットカードは大手都市銀行の中でも唯一

  • 東邦Alwaysデビットカード

  • 楽天銀行デビットカード(Visa・JCB)のメリット・デメリット

  • 秋田銀行Only Oneデビット<JCB>

  • 大垣共立銀行OKBデビット(JCB)

  • もみじ銀行ワイエムデビットJCBカードなら未成年の15歳からOK