1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. 良くある質問
  3. デビットカードの保険や補償について

デビットカードの保険や補償について

 2018/08/17 良くある質問   1,095 Views

デビットカードの保険や補償について

デビットカードにも保険や補償が付いているものがありますね。デビットに付帯している代表的な保険には、ショッピング保険や旅行傷害保険、第三者不正使用保険が挙げられます。

 

もちろん「持つからにはしっかり補償があるものがよい。」という方も多いでしょう。デビットカードを比較する際にも、保険は重要なポイントとなります。

 

ショッピング保険の比較ポイントは?

ショッピング保険は、年間に利用できる限度額が設定されています。買い物をできるだけデビットでまとめたい方は、保険の限度額が大きなデビットカードを選びましょう。

 

また、保険を利用するにあたって、自己負担額(1事故につき必要になるものが多い。5,000円から10,000円程度)が必要になるデビットカードもあります。この金額と補償される金額のバランスも考える必要があるでしょう。

 

 

さらに、限度額の大きさだけでなく、補償期間の長さもしっかり比較しておくことをおすすめします。

 

補償期間とは、購入日から〇日間補償を受けられるというものです。60日間から90日間程度のデビットカードが多くなっています。

 

できるだけ補償期間が長いほうが、カードを持っている方にとっては有利ということになります。

 


 

デビットカード旅行傷害保険の比較ポイント

また旅行傷害保険では、海外・国内どちらでも補償を受けられるのか、補償額などが比較しておきたい点です。ただし、旅行傷害保険が付帯しているデビットカードはゴールドカードが中心で、そもそも多くありません。

 

また補償を受けられる金額などの点を考えても、旅行傷害保険が必要なら、別に保険に入るか、保険が付帯しているクレジットカードを選んでおいたほうが安心感を得られるでしょう。

 

第三者不正使用保険は?

第三者にデビットカードを不正使用されてしまった場合に、補償される保険です。補償される額の大きさを比較するとよいですね。通常は、銀行に不正利用されたことを伝えた日から一定期間(30日〜60日程度のところが多い)さかのぼり、その間の損害を補償するデビットが多いです。

 

期間が長いほうがやはり、安心できますね。

 

三菱UFJ銀行が発行するデビットカードの海外保険やショッピング保険は?

三菱UFJ銀行では、VISAとJCBの2種類のデビットカードが発行されています。保険に違いがあるので、それを元にデビットのブランドを決定してもよいですね。

 

JCBデビットの保険
ショッピング保険 海外のみ。最大年間100万円(自己負担額10,000円/1事故あたり)。購入日から90日以内に起こった事故が対象。
旅行保険 海外旅行保険・国内旅行保険最大3,000万円(旅行に関する所定の料金支払いでデビットを利用した場合に適用)
不正利用補償 最大500万円(1事故あたり)。銀行が連絡を受けた日から60日前までさかのぼり、その日以降に発生した損害が対象。

 

VISAデビットの保険
ショッピング保険 最大年間100万円(自己負担額5,000円/1事故あたり)。購入日から60日以内の事故が対象。
旅行保険 なし
不正利用補償 最大100万円(年間)。銀行が連絡を受けた日から60日前までさかのぼり、その日以降に発生した損害が対象。

 

ジャパンネット銀行デビットカードの保険は?

ジャパンネット銀行のデビットカード、JNB Visaデビットは、カードありとカードなし(ネットショッピングで利用)があります。またファミリーマートと提携しているTポイントカード付のデビット(ファミデビ)も発行されています。いずれも、不正利用補償のみ付帯しています。

 

ショッピング保険 なし
旅行保険 なし
不正利用補償 最大500万円(年間)。盗難、インターネットバンキングでの不正な払い戻しなど、事故内容によって保証金額が変わる。通知を銀行が受理した日からさかのぼって30日、その日以降に発生した損害が対象。

 

セブン銀行デビットカードの保険は?

セブン銀行のデビットカードは、nanaco一体型と、nanaco紐付型があるJCBデビットです。キャッシュカードにデビット機能が付いています。

 

ショッピング保険 なし
旅行保険 なし
不正利用補償 最大500万円(1事故あたり)。盗難などの届出を銀行が受けた日の60日前以降の利用が補償対象。

 

楽天銀行デビットカードの保険は?

楽天銀行ではVisa、Visaゴールド、JCBの3種類のデビットカードが発行可能です。保険で補償されている内容にも違いがあるので、利用目的に応じてどのデビットにするのか決定しましょう。

 

楽天銀行デビットカード(JCB)
ショッピング保険 なし
旅行保険 なし
不正利用補償 楽天銀行が通知を受理した日の30日前以降、受理した日の60日後までの合計91日間が補償対象です。最大100万円(年間)が補償限度額となります。

 

楽天銀行デビットカード(Visa)
ショッピング保険 なし
旅行保険 なし
不正利用補償 補償期間はJCBと同様に91日間。銀行が紛失などの通知を受理する前30日プラス受理後60日までが補償対象です。最大100万円(年間)。

 

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
ショッピング保険 購入価格(税込)5,000円から1,000,000円が対象。補償限度額は30万円(1回の事故および年間の補償金額合計)。免責金額5,000円。補償は購入日から60日間。
旅行保険 なし
不正利用補償 紛失や盗難などの通知の日からさかのぼって30日、その後60日の91日間を対象とした損害を補償。

 

住信SBIネット銀行デビットカードの保険は?

住信SBIネット銀行デビットカードは、Visaデビット付キャッシュカードです。円口座だけでなく、外貨普通預金口座から海外ショッピングの場合は米ドルでそのまま決済可能です。payWave(非接触式決済)も搭載された安心感のあるデビットカードです。

 

ショッピング保険 なし
旅行保険 なし
不正利用補償 最大100万円(年間)。銀行が連絡を受けた日から盗難・紛失なら30日、偽造・変造なら60日以降の損害を補償

 

 

ソニー銀行デビットカード

ソニー銀行はキャッシュカードと、Visaデビットが一体型になったBank WALLETを発行しています。

 

ショッピング保険 最大50万円(年間)購入日から60日間の補償。自己負担額5,000円(1事故あたり)
旅行保険 なし
不正利用補償 銀行に通知が行われた日の30日前以降の損害を補償。1日あたり利用限度額の範囲。

 

みずほ銀行デビットカード

みずほ銀行では、みずほJCBデビットを発行しています。年会費は通常1,080円ですが、年1回以上の利用で無料になるため、持ちやすいデビットカードです。

 

ショッピング保険 海外での利用のみ対象。最大100万円(年間)
旅行保険 国内・海外どちらの旅行も旅行傷害保険の対象。最大3,000万円
不正利用補償 60日前までさかのぼって補償。

 

りそな銀行デビットカード

りそな銀行が発行するデビットカードは、りそなVisaデビットです。オリジナルと、JALのマイレージが貯まるJMBがあります。またネット専用口座であるスマート口座が発行するデビットは、1年間に1度でも利用すれば年会費が無料になります。またカードデザインも異なります。

 

ショッピング保険 りそなVisaデビットカード〈JMB〉のみ付帯。最大50万円(年間)。購入日から90日間補償。(自己負担額5,000円/1事故あたり)
旅行保険 なし
不正利用補償 最大150万円(年間)

 

三井住友銀行デビットカード

三井住友銀行が発行するデビットカードは、SMBCデビット、Visaブランドです。

 

ショッピング保険 海外での利用のみ対象。最大100万円。自己負担額3,000円(1事故あたり)。購入日および購入日の翌日から90日間
旅行保険 なし
不正利用補償 最大100万円(年間)銀行が連絡を受けた日から60日までさかのぼり、その日以降に発生した損害を補償。

 

スルガ銀行ANA支店

ANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットカードは、ANAのマイレージとデビットカード、キャッシュカードが一体となったカードです。

 

ショッピング保険 購入日から60日以内にさかのぼって、破損や盗難被害を補償。
旅行保険 海外旅行傷害保険は自動付帯。最大1,000万円の補償。国内旅行は旅行代金をVisaデビットで支払うと、傷害保険が付きます。
不正利用補償 銀行が連絡を受けた日を含めて61日前までさかのぼり、その日以降発生した被害を補償。

 

海外旅行保険をデビットカード支払いできる?

海外旅行保険を個別に申し込む場合、デビットカードで支払いはできるのでしょうか?保険会社によって、支払い可能な方法は違いがあります。代表的な保険会社の支払い方法は、

 

  • 損保ジャパン日本興亜:クレジットカードのみ
  • ジェイアイ傷害火災:デビットカードでの支払い可能(他にはクレジットカード、ドコモケータイ払いなども可)
  • 三井住友海上:クレジットカード一括払いのみ
  • あいおいニッセイ同和損保:クレジットカードのみ
  • au損保:クレジットカードまたはauかんたん決済

 

このように、デビットで支払いできるのはジェイアイ傷害火災のみとなっています。旅行期間や、希望する補償内容なども併せて、海外旅行保険の加入を検討する方は多いでしょう。支払い方法も、念のため確認しておくとよいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 海外留学ならどのデビットカードがおすすめ?

  • デビットカードはヤフオクで使えますか?

  • デビットカードで家賃引き落としは可能?

  • デビットカードもPayPalで登録可能!

  • デビットカードとLINE Payの違いは?

  • デビットカードに暗証番号は必要か?