1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. 良くある質問
  3. 家族カードが使えるデビットカードは?

家族カードが使えるデビットカードは?

 2018/08/17 良くある質問   1,595 Views

デビットカードで、家族カードを発行できるのでしょうか?クレジットカードの家族カードなら持っている、家族のために作っている方も多いでしょう。

クレジットカードの家族カードには、支払いだけでなくポイントもまとめられるメリットがあります。デビットカードにも、クレジットカードのような、家族カードのメリットがあるのでしょうか?

▼当サイトからの申し込みの多い人気デビットカードランキング
①ジャパンネット銀行Visa
審査なし・年会費無料
口座維持費や年会費などは無料。
②GMOあおぞらネット銀行Visa
審査なし・年会費無料
海外出金手数料は無料、Visaタッチ決済に対応
③三菱UFJ-VISAデビット
審査なし・年会費1,080円(税込)
三菱UFJ銀行がメインバンクの方におすすめ!
※4位以下は「デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)」の記事をご覧ください。

デビットカードも家族カードを発行できる?

家族カードを発行できるデビットカードは、Visaデビットではスルガ銀行のデビットカードだけです。

ただし、スルガ銀行では支店によって家族カードを発行できるところと、できないところがあります。デビットカードの家族カードを発行できる支店は、一般支店、Dバンク支店、ドリームダイレクト支店のみです。

JCBデビットで家族カードを発行できる銀行は、

家族が使う意味がない??

子どもに家族カードを持たせて、お金の管理を一括して見えやすくするというメリットは、クレジットカードとデビットカードは同様です。しかし、ポイント還元率などもクレジットカードに比べると低いですから、まとめることで大きく還元できるといった利点もさほど感じられないのではないでしょうか。

ほとんどのデビットカードは15歳から申し込めます。そのため、その条件以上の年齢になれば、自分で本会員になったほうがよいということになるでしょう。銀行側も口座数を増やす目的でデビットを導入しているため、家族カードを発行するより新たに口座を開設し、デビットカードに申し込んでもらいたいのが本音でしょう。

どうして家族カードはデビットならあまり普及していない?

デビットの家族カードが普及しない原因として、

  • クレジットカードに比較すると還元率が低いため、支払いを一つの口座にまとめても、あまり貯まらない。
  • 多くのデビットカードは15歳または16歳で審査なしで申し込めるので、本人会員になったほうがよい。

といったことが挙げられます。

三菱UFJデビットで家族カードは発行できる?

大手都市銀行である三菱UFJ銀行が発行するデビットカードは、VISAとJCBどちらのブランドもありますが、いずれも家族カードは発行できません。

1つの口座につき、1枚だけデビットカードを発行できます。デビットカードを持ちたいなら、銀行口座を開設し申し込む必要があります。

楽天銀行は家族カードはある?

楽天銀行では、VISAデビットとJCBデビットを取り扱っています。ただし、どちらも家族カードは作れません。

満16歳以上の方で楽天口座を開設すれば、デビットカードを申し込めます。

イオン銀行デビットカードで家族カードを作れる?

イオン銀行では、VISAデビットとJCBデビットがあります。いずれも家族カードは申し込めません。VISAデビットは満18歳以上の方が申し込めますが、審査があります。

高校生は申し込み不可となっています。(口座残高不足時のバックアップサービスがあるため)JCBデビットは、満15歳以上(中学生不可)の方が申し込めます。

スルガ銀行デビットカードの家族カードの発行は?

スルガ銀行デビットカードでは、家族カードを3枚まで発行できます。満15歳以上の方(中学生除く)で、本会員と生計が同じ同居家族のみ申し込み可能です。

スルガ銀行デビットカードでは、家族カードでも年会費はかかりません。ただし、新規発行手数料が540円必要です。

家族カードは、Visaデビットのみの単体型カードとなります。キャッシュカードとして国内ATMの引き出しに使えません。

スルガ銀行では、様々なインターネット支店からデビットカードが発行されています。Tポイントが貯まるデビットTカードでは、Tポイント支店から発行されます。

ANAマイルが貯まるANAマイレージクラブFinancial Pass Visaデビットは、ANA支店からの発行です。

ちなみにどちらも家族カードの発行は不可です。

他には、リクルート支店、OCN支店、dポイントクラブ応援バンク、Gポイントクラブ、ALSOK CLUBでの家族カード取扱はありません。

JCBデビットでの家族カードの発行は?

銀行によって異なりますが、年会費が必要なデビットカードなら、本会員よりは少し低めになっていることが多いです。

たとえばめいぎんJCBデビットでは、初年度は年会費無料、2年目以降に本会員が1,080円、家族カードなら540円となっています。

また発行できる枚数は、1口座につき2〜3枚という銀行がほとんどです。親、子どもなど家族といっても家族カードを申し込める方たちの指定があります。

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 自己破産してもデビットカードは作れるのか?

  • デビットカードのビジネスモデルについて

  • 日本で銀聯デビットカードの作り方・使い方

  • デビットカードを不正利用されてしまったら

  • デビットカードの銀行口座が残高不足の場合どうなる?

  • 中学生・高校生でも作れるデビットカードは?