デビットカードでETCカードは作れません

デビットカードでETCカードは作れるの?

デビットカードは、クレジットカードと使い方は似ているものの、全く同じ機能というわけではありません。クレジットカードでは「ETCカードを発行する」あるいは「ETC機能をクレジットカード自体につけられる」ものが大変多く見つかります。

 

それではデビットカードでも同様に、ETCカードを発行できるのでしょうか?

 

デビットカードでETCカードを発行できる?

VISAやJCBのような国際ブランドが発行するデビットカードなら、クレジットカードと同じ加盟店で使えます。使えるお店などが同じなら、ETCカードも発行して支払いできるのではないかと考えますよね。

 

しかし、デビットカードではETCカードを発行できると記載してあるものはありません。

 

各デビットカードのETCカードへの対応は?


ジャパンネット銀行Visaデビットカード
ジャパンネット銀行で発行できるVisaデビット付キャッシュカードでは、ETCカードは付帯できません。

 


セブン銀行デビットカード
セブン銀行自体で、ETCカードの取り扱いがありません。

 


三菱東京UFJ-VISAデビット
三菱東京UFJ-VISAデビットでは、高速道路料金など利用できない加盟店があると記載されています。また、三菱東京UFJでETCカードを発行できるのは、クレジットカードであるICクレジットカードとスーパーICカードを持っている方のみです。

 


住信SBIネット銀行デビットカード
キャッシュカードにデビット機能は付帯できますが、クレジット機能やETC機能は付けられません。住信SBIネット銀行デビットサービスでは、国内や海外のVisa加盟店で使えます。ただし高速道路料金は、航空機の機内販売と同様に使えません。

 


楽天銀行デビットカード(JCB)
楽天銀行が発行するETCカードは、クレジット機能付きキャッシュカードのみです。楽天銀行カード、楽天セディナカード、楽天ジョーヌカードの3種類なら、ETCカードを併せて申し込み、または追加申し込みもできます。デビットカードでは利用できません。

 


楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)、楽天銀行デビットカード(Visa)では即時引き落としができず、後日請求時に普通預金口座残高不足で清算できないことがあるので、高速料金の支払いでの利用を中止しています。

 


ソニー銀行Visaデビットカード(Sony Bank WALLET)
ソニー銀行デビットカードの利用できない加盟店には、有料道路が含まれています。ソニー銀行でETCカードが発行できるのは、ソニーカードのゴールドとクラシックのみです。デビットカードではETCカードに対応していません。

 

どうしてデビットカードでETCカードを作れないの?

ほとんどのクレジットカードで、高速道路(有料道路)料金をETCカード発行や、そのまま使うことで支払えるのに、デビットカードも、同じようにできないのはなぜでしょうか?

 

これは支払うタイミングが違うことに理由があります。

 

クレジットカードでは、カードで決済した時に銀行口座から引き落とされるわけではありません。カードを使ったタイミングなどによって、1〜2ヶ月後に支払うことになります。デビットカードはカードで決済したその時に支払っています。要はカードを出すと同時に引き落とされているのです。

 

クレジットカードでは、支払い日までカード会社がお金を立て替えていることになります。そのため支払い能力や信用情報などから審査を行うのです。デビットカードは、クレジットカードのような信用情報の審査は行われません。預金口座にある金額で、支払うことになるからです。銀行口座を開設できるなら、デビットカードも作ることができます。

 

たとえば、デビットカードでETCカードを発行できたとしましょう。ETCレーンを通ったその時に、銀行口座の残高が不足していたとします。

 

ショップのようにカードを受け取って、暗証番号の入力やサインなどをする場合には、その時に残高不足が判明して支払えないということがわかります。しかしETCレーンでは、もちろん残高不足でキャンセル処理する時間もありません。また与信審査を行っていないデビットカードで立て替えてしまうと、最終的に支払われないリスクも発生します。

 

また、ETCカードではなくクレジットカードでETCレーンではないところで支払えますが、デビットカードではこれもできません。デビットカードでは高速道路料金、ガソリンスタンド、航空機の機内販売、各デビットカード提携外の月額利用料金(プロバイダなど)の支払いをすることができないのです。

 

クレジットカードを持たずにETCカードを使うには?

デビットカードでETCカードを作れないわけですが、クレジットカードを作りたくない場合もあるでしょう。そんな時には、ETCパーソナルカードを利用するのがおすすめです。

 

このカードはデポジット(保証金)を預託し、通行料金は口座から月単位で引き落としによって支払います。デポジットの額は、平均利用月額の4か月分が必要です。平均利用額が5,000円なら、20,000円のデポジットを預託することになります。デポジットは解約時に返金されます。

 

クレジット&デビット2枚持ちで

それぞれのカードでの機能的な違いは変更しようがありません。ETCカードや高速料金の支払いでどうしてもカードが必要なら、デビットカードとクレジットカードを2枚持ちする方法もあります。

 

ソニー銀行のように現金感覚で使えるデビットカードと、持っていることが信用力になるクレジットカードを2枚揃えて持つことを勧めている金融機関もあります。あくまでクレジットカードはETCのみに使い、その他の支払いはデビットで済ませるという方法もあるでしょう。2枚持ちなら支払いのタイミングなども選べるので、より上手なお金の管理ができそうです。

 

クレジットカードでのETCカード発行と使い方

クレジットカードをすでに持っていて、ETCカードを利用したい場合は、申し込みをすると各社ETCカードが追加で送られてくるシステムが利用できることが多いです。申し込みからカード受け取りまでは各社違いがあるので、最短1週間から3週間程度は予定しておきましょう。

 

新規申し込みの場合は、クレジットカードとETCカードを併せて発行することになります。(一体型を発行しているところもありますが、抜き忘れによる盗難の恐れがあります。)この場合もやはり少なくとも1週間から3週間ほどかかります。

 

発行後はETCカードを車載器に入れ、高速道路などのETCレーンを通るとカードに料金がカウントされていきます。支払いは、クレジットカードの引き落としと同時に行われます。メインのクレジットカードと同様にポイントなども貯まるシステムですから、渋滞を避けるだけでなくお得さもある方法です。

 

ただ、最初に車載器を購入する費用が気になりますね。あまり高速道路を使わないなら、わざわざETCカードを作る必要がないと考えている方も多いでしょう。そんな場合は、料金所でクレジットカードを使って支払うこともできます。現金の代わりに通行券とクレジットカードを渡すだけで、サインレスで通れます。ただETC割引は受けられません。

 

このように、クレジットカードならETCカードを発行してもよいですし、そのまま料金所での支払いに利用することもできるわけです。