百貨店・デパートでお得なクレジットカードおすすめ6選

百貨店・デパートでお得なクレジットカードおすすめ6選

高還元率のクレジットカードが増加する中、ポイントのためにクレジットカードを持っている方も少なくないでしょう。高還元率のものを探している方にも、実は百貨店が発行するクレジットカードはおすすめできます。

 

クレジットカードを発行している百貨店での買い物で、ポイントが大きくついたり、割引になったりなどお得なものがほとんどです。年会費などの維持費がかかるものでも、それを超えた特典があるクレジットカードも見つかりやすいでしょう。

 

ただし、単に還元率が高いクレジットカードを探すだけではなく、その百貨店を頻繁に利用するかどうかからも検討する必要がありますね。

 

エムアイカード

三越、伊勢丹、岩田屋、丸井今井での利用がお得になります。グループでの利用なら最大10%ものポイントが貯まります。通常ポイント率は5%で、前年度の利用額が30万円以上なら8%、100万円以上なら10%のポイントになります。

 

スーパーやコンビニでも200円で1ポイント貯まるだけでなく(還元率0.5%)、楽天市場やYahoo!ショッピングなど指定のショップでの利用なら2倍から30倍までポイントが加算されます。年会費は初年度のみ無料、以降は2,000円かかります。

 

ペルソナSTACIAアメリカンエキスプレスカード

阪急百貨店、阪神百貨店でのショッピングでSポイントが10%貯まります。ペルソナSTACIAアメリカンエキスプレスカードは、前年度の利用額に関わらず常に10%還元なのが大変お得です。

 

阪急阪神以外での利用なら200円ごとに2ポイント(還元率1%)なので、どこで使ってもお得感がありますね。またグループ施設でも0.5〜3%相当ポイントが貯まります。他にも3時間まで無料の手荷物預かりや、購入品の一括渡し、キッズルーム(有料)などサービスも充実しています。年会費は高めですが、常に高い還元率なためよく阪急・阪神を利用する方なら価値があるカードといえるでしょう。

 

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン

西武・そごうの各店なら、1,000円以上の利用で5〜7%のポイントが貯まっていきます。また、セブンイレブンなどセブン&アイグループのお店でも、100円利用で1ポイント(1%還元)貯まります。また、それだけでなくセゾンのポイントプログラムである永久不滅ポイント(還元率0.5%)が加算され、ポイントの二重取りが可能です。年会費無料のクレジットカードながら、この還元率は見逃せません。

 

PARCOカード

年会費は無料で、入会した時から1年間5%OFFになる特典が魅力のクレジットカードです。その後は10万円の利用に到達した翌々月から次の4月末まで、プレメンバーズとしていつでも5%OFFとなります。プレメンバーズの翌5月1日からの1年間は、クラスS
メンバーズとしてパルコでのショッピングがいつでも5%OFFです。

 

エポスカード

マルイで買い物される方なら、一枚持っておきたいカードです。年会費は無料ながら、visa加盟店や公共料金の支払いなどでポイントを貯めていけます。ただ年会費有料のクレジットカードの還元率に比較すると、普段ならかなり低めとなってしまいます。少しでも還元率を高めたいなら、ポイントが最高30倍までになるポイントアップサイトが利用できます。さらに年4回ある「マルコとマルオの7日間」の10%OFF期間中にまとめて買い物するお得な方法もあります。

 

タカシマヤセゾンカード

年会費がかからないので、初めてクレジットカードを持つ方にもおすすめです。ただし、還元率は高島屋の利用でも通常なら2%なので、年会費有料のクレジットカードに比べると物足りません。ただし、利用額に応じてボーナスポイントが加算され、最終的に5%まで上がるため使い方によってはお得なカードといえるでしょう。また、ポイントアップ期間なら2%加算され4%になります。

 

高島屋以外では1%の還元率があります。他の百貨店やデパートクレジットカードでは、通常還元率は0.5%のものも多いです。そのため、高島屋以外でもクレジットカードを使う機会が多い方にはおすすめです。

 

  年会費 対象店還元率 通常還元率 クレジットブランド その他メリットなど
エムアイカード 2,000円(初年度無料) 5〜10% 0.50% VISA 2018年1月31日まで新規入会で最大5,500ポイントプレゼント
ペルソナSTACIAアメリカンエキスプレスカード 14,000円 10% 1.00% アメリカンエキスプレス  
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン 無料 2〜7%(セブン&アイグループでは1%) 0.50% VISA・アメリカンエキスプレス・JCB 携帯料金の支払いで200永久不滅ポイントプレゼント
PARCOカード 無料 5%(ポイント還元ではなく支払い時にOFFとなる) 0.50% VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス 会員限定のキャンペーンやプレゼントが公式サイトにあり
エポスカード 無料 通常1%(年4回10%OFFになる期間あり) 0.50% VISA レストラン、カフェなど割引やサービスあり
タカシマヤセゾン 無料 2%(年間利用額に応じて最大5%) 1.00% VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス 2018年2月28日まで最大2000ポイントプレゼント

 

百貨店発行のクレジットカードの特徴

百貨店クレジットカードの発行の目的は、利用客の囲い込みです。そのため、自社のクレジットカードを使う方へのサービスが大変手厚いのが特徴です。発行した百貨店で利用した場合なら、ポイント還元率は最高でも10%にも上るものがあり、買い物するほどお得感が得られます。

 

その代りに、年会費が必要になることが多いのです。年会費無料のクレジットカードが数多く登場している中、年会費を払うことに躊躇してしまうかもしれません。しかし、還元率5%のクレジットカードの年会費が1000円なら、2万円の買い物で元が取れてしまいます。

 

「よくこの百貨店で買い物する。」とはっきりしているなら、利用額と年会費のバランスを見て、年会費有料でもクレジットカードを申し込んだほうがお得になるケースも多いのです。また、特典はポイントだけではありません。スペックを確認してクレジットカードを比較することが大切です。

 

百貨店クレジットカードで気を付けたい点

何でもお得!という感覚を持ちやすいのが百貨店クレジットカードですが、そのデパート以外で買い物すると特に還元率が高くないものもあります。1%程度の還元率なら、最近はデビットカードでも登場してきています。百貨店以外で使う予定もあるなら、どの程度の還元率なのかを確かめておきましょう。

 

また百貨店での買い物は、どの商品でも同じように高還元ではないことがほとんどです。「最高」10%と書かれていると、すべての商品で同じ還元率というわけではなく、対象外の商品になると還元率がぐんと低くなるところがほとんどです。生鮮食品などは対象外の百貨店クレジットカードは多いです。「デパ地下でよく買い物するし…。」と百貨店カードを作ったら、還元率が低くあまりメリットがなかったとなりかねません。

 

さらにポイント優待の購入品が、○○○○円以上からと決まっているクレジットカードにも要注意です。たとえば、商品1点あたり3,000円以上購入した場合にポイントが付くクレジットカードだったとします。この場合は、2,000円のものを2つ買っても還元されません。

 

クレジットカード以外にも百貨店友の会(積み立てサービス)でも割引を受けられます。お得な方法は絶対にクレジットカードと決めず、デパートの利用状況を見て一番良いものを選びましょう。

 

まとめ

百貨店やデパートが発行するクレジットカードは、年会費が必要なものはそれに相応した特典や優遇が充実しています。「この年会費を支払っても、還元で回収できる。」なら、入会したほうがお得です。

 

また、年会費無料のクレジットカードでも、使い方によってかなり還元率を上げられるものもあります。年会費無料でも、有料でもクレジットカードを作る百貨店をどれくらいの頻度と金額で利用するのか、また日常使いのクレジットカードとしても活用させるのかによって、選び方が変わってきます。メリットはどこにあるのかを把握して申し込みましょう。

Sponsored Link