中学生・高校生でも作れるデビットカードは?

中学生・高校生でも作れるデビットカードは?

留学や旅行など中学生や高校生も海外へ行く機会がありますね。海外ではあまり現金を持ち歩きたくないですが、クレジットカードは中学生や高校生の方は作れません。解決方法としてデビットカードがあります。デビットカードは銀行口座に入っている金額で支払うため、クレジットカードのように審査が必要ないのです。

 

それでも、デビットカードを誰でも作れるというわけではありません。中学生や高校生でも作れるデビットカードはあるのか、また何歳から作れるのか、デビットカードによって違いはあるのでしょうか。併せて、どうしてもデビットカードを作れない時の解決法もご紹介します。

 

学生がデビットカードを持つメリット

海外を主に考えると、やはり安全性の面からも大きな額の現金を持ち歩くのは現実的ではありません。デビットカードなら、加盟店でそのままショッピングに使ったり、提携ATMで現地通貨を引き出したりできます。お金を準備する手段を一つだけにするよりも、分散させたほうが安心感もありますね。

 

また国内の場合でも、ネットショッピングに国際ブランドのデビットカードなら利用できます。デビットカードはクレジットカードと違って、カードを使ったその時に口座から支払われるため、現金と同じ感覚で使えるのです。学生の方が持つ場合も、使い過ぎを未然に防げるでしょう。

 

中学生や高校生でもデビットカードは作れる?

国際ブランドのデビットカードを作成できるのは、ほとんどのもので高校生以上となります。またデビットカードによって高校生以上であっても、15歳以上または16歳以上と多少差がありますので、この点も注意が必要です。国内の店舗だけで使えるJ-Debitなら、銀行口座を作れる方は利用できることになります。

 

13歳・14歳・15歳・16歳〜何歳からデビットカードを作れる?

デビットカードを作れるのは、15歳以上、または16歳以上となっています。また15歳以上であっても中学生を除くと書かれているデビットカードが多いので、中学生はまず作れないと考えておいてよいでしょう。13歳、14歳では作ることができません。

 

ただし一部のデビットカードでは、15歳以上とだけ書かれている場合もあります。実際のところ中学生でも15歳以上なら作れるデビットカードもあるようですが、銀行の判断によるものです。特に断り書きがない場合は、一度銀行に中学生にも発行しているかどうかを確認してみましょう。

 

基本的に銀行口座を作れれば、デビットカードも作成できるといわれているのですが、中学生に関しては例外と考えておいたほうがよさそうです。

 

デビットカード別発行可能年齢を比較

15歳以上(中学生を除く)

JNB Visaデビットカード(ジャパンネット銀行)
三菱東京UFJ-VISAデビット
SMBCデビット(三井住友銀行)
みずほJCBデビット

15歳以上 住信SBIネット銀行Visaデビット付きキャッシュカード
15歳以上(未成年者は一部加盟店で使えないことがあります) ソニー銀行
16歳以上

楽天銀行デビットカードJCB
楽天銀行デビットカードVISA
楽天銀行デビットカードVISAゴールドカード
セブン銀行デビット付きキャッシュカード

18歳以上(高校生を除く) イオンデビットカード

 

そのほか、地方銀行のデビットカードも中学生を除く15歳以上の方が申し込めるものが多いです。また地方銀行のデビットカードでは、デビットゴールドカードを取り扱っていることがあります。ですが年齢条件は20歳以上のものが多いです。学生不可の場合もあるので、作りたい場合は待つことになるでしょう。

Sponsored Link