キャッシュレス化のメリットとデメリット

キャッシュレス化のメリット・デメリット

日本でも電子マネーやクレジットカードが浸透し、キャッシュレス化が進んできたといわれています。しかし現金でないと安心できない方も根強くいらっしゃいますね。またクレジットカードやデビットカードは、限定された用途にしか使っていないという方も多いのではないでしょうか。

 

完全にキャッシュレスにしてしまうと、それなりのデメリットもありそうです。キャッシュレス化がすでに進んでいる国なども参考に、メリットの面からも確かめてみましょう!

 

キャッシュレスにはこんな支払い方法が

一口にキャッシュレスといっても、たくさんの決済方法があります。現金を使用しなければ、キャッシュレス決済と呼んでもよいのですが、どんな種類があるのでしょうか?

 

国際カード クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードの3方式。世界の国際カードの半数がデビットカード。
電子マネー ICカード型、サーバ型など
収納代行 コンビニ収納、通信事業者の課金など
送金サービス -
銀行口座振替 -
金券 商品引換券、図書カード、ギフト券など

 

さらに、今後流通が多くなると考えられるビットコインなどの仮想通貨も、キャッシュレスの一部といってよいでしょう。スマートフォンによる決済は、最終的には電子マネーやクレジットカードによる支払いに分類されます。

 

キャッシュレスのメリット

現金の面倒さから解放される

クレジットやデビットカード、おサイフケータイやApplepayを利用することでお財布が小銭でいっぱいにならない、ATMで現金を引き出すために並んだり、時間によってATM利用手数料を払ったりといったことがなくなるでしょう。大きな額を持ち歩く必要がなくなり、盗難などの不安も減るといった利点もあります。クレジットカードやデビットカードでは、盗難や紛失補償などが付いており、不正使用されても期限内であればカード会社が負担します。

 

クレジットカードは社会的信用度がある

クレジットカードをもつためには、発行する会社の審査があります。収入があること(収入がある配偶者がいる)、金融事故を起こしていないなど社会的な信用を示すことができます。最近ではクレジットカードの裾野が広がっているため、以前のようにステイタスの証とまではいかないカードもあります。それでも、誰もがクレジットカードを持てるわけではない点は揺るぎません。

 

ポイントでお得

クレジットカードや電子マネーではポイント還元があるため、現金での購入よりお得さがあります。還元率が低いといわれているデビットカードでも、現金で買うよりはもちろんお得です。

 

利用履歴でお金の管理がしやすくなる

クレジットカードや電子マネーは利用履歴が残ります。デビットカードなら使ったその時にメールで通知が届きますし、期間をさかのぼって利用額なども確かめられます。家計簿の代わりのように使えるので、お金の管理の仕方が簡単になるでしょう。またキャッシュレスでの支払い方法を組み合わせる(高額ならクレジットカード、普段の買い物はデビットカードなど)ことで、お金の流れを把握しやすくなります。

 

キャッシュレスのデメリット

種類が多く使い分けや選び方が難しい

クレジットカードなら、銀行、信販会社などが発行しているものや、ショッピングモールや百貨店などが発行しているものなど、とにかく種類が多いですね。また国際ブランドも複数あります。

 

デビットカードなら、日本国内限定のJ-Debitだけでなく国際ブランドが発行するものも増加中です。電子マネーも交通系、楽天EdyやWAONのようなノーマルなタイプ、後払いタイプなどとにかく種類も多いのです。

 

今カードリーダの普及の面からいっても、このカードだけ持っていればOKというわけではありません。現金をできるだけ使わずキャッシュレスを徹底しようとするなら、いくつかのキャッシュレスの方法を選び使い分ける必要があるでしょう。そのあたりの選び方が難しい、面倒だと感じるかもしれません。

 

使えるところと使えないところがある

店舗側がどこでもカード支払いに対応しているわけではありません。またキャッシュカードや電子マネーでも、種類によって受け付けてくれる場合と、そうではない場合があるでしょう。クレジットカードでは、使用する金額が○○円以上と決めてある店舗もあります。そのため、利用者はキャッシュレス化をいくら目指しても、現金でないと購入できないものがあるかもしれないという不安はぬぐえないのです。

 

後払いは使いすぎる

クレジットカードは、利用した金額を基本的に月に一回支払うことになります。ボーナス払いや分割払いができるカードもありますが、後払いであることには変わりありません。つまり、その時の所持金、お給料からいくら残っているかなどを把握しないまま使いすぎてしまうおそれがあります。

 

これを防ぐには、使う金額のみチャージできるプリペイド型の電子マネーを利用する方法があります。またデビットカードなら口座にある金額だけを、お店で決済したときに同時に引き落とします。口座残高がなければ、使うことはできません。またクレジットカードでもアプリなどを使って、利用状況をこまめにチェックすることもできます。使いすぎないストッパーとなる方法を知っておけば、この点はさほど心配することでもないでしょう。

 

世界ではキャッシュレス化がますます進んでいる

欧米ではキャッシュレス化が進んでいるということはよく聞きますね。具体的にはどの程度浸透しているのか、また欧米以外の国ではどうなっているのでしょうか?まずは日本の現状を見てみます。

 

株式会社三菱総合研究所と日本クレジットカード協会の調査での、カード決済普及率です。
(参照:http://www.jcca-office.gr.jp/visit/26_report.pdf

 

カード決済の年間取引額だけを見ると、日本は4位ですから「利用は多い」となりそうです。しかし実際には経済規模との比較となるため、他国より多いのは当たり前ともいえるでしょう。ここでカード利用率を見ると、1位から3位の米国、中国、英国に比較してグッと下がっていることがわかります。日本の利用率は15.9%ですから、55.5%の中国に比較するとかなり低いといえるでしょう。

 

また中国は、モバイル決済先進国とも呼ばれています。クレジットカードの利用率も高いですが、スマホ利用者の98%がモバイル決済を利用しているといわれています。これには、決済方法がQRコードと専用アプリの導入という誰でも使いやすいものになっている理由があるのです。

 

他にもカナダ51.4%、オーストラリア48.5%、英国46.3%、シンガポール45.3%といったように利用率が半数近くからそれ以上という国も少なくありません。

 

スウェーデン、デンマークといった北欧諸国では逆に現金決済ができないお店も登場しているほどです。スウェーデンではもともとカードの利用率も高かったのですが、デビットカードを作れる年齢条件が低くなっており、さらにキャッシュレスの生活が進んでいます。デンマークでは政府の政策としてキャッシュレス化が推進されています。

 

インドではカードの普及率は10%を切っていますし、利用率は25.5%とあまり高くないものの、公共サービスなどの電子化が進んでいます。店頭で識別番号を伝えて、指紋をかざせば支払いが完了するというシステムです。

 

ただ、欧米とひとくくりにしても、イタリア12.8%、ドイツ11.2%とカードの利用率が低いところももちろんあります。日本以外は全部キャッシュレスとは一概には言い切れません。しかし、所持率に比較すると日本ではキャッシュレス化の下地を持ちながら、うまく活用しきれていない現状が見えてきます。またおサイフケータイのように国内独自の決済システムが発達してしまっていることからも、海外から日本に来た方がキャッシュレスで過ごす困難さも伴っているのではないでしょうか。

 

日本でキャッシュレス化が進まない理由

日本ではおサイフケータイの普及や、Applepayの登場に伴ってキャッシュレス化への下地は整っています。クレジットカードを複数持ちしている方も少なくありません。J-Debitならほとんどの銀行の口座についていますし、国際ブランドのデビットカードも「1枚は持っておこうかな」と考える方も少なくないでしょう。

 

それでも、キャッシュレス化は日本では進んでいない、やはり現金主義な方も多いのです。クレジットカードは後払いであることから「借金」「使い過ぎる」といったネガティブな部分が先に立ってしまうのは否めません。そのため通販だけなど、限定する利用方法も根強いのです。

 

ただ、チャージ式の電子マネーやデビットカードのように、同時払いや先払いする方法を選ぶことで使い過ぎを防ぐこともできます。また利用できる店舗が増えること、各店舗が取り扱うクレジットカードやデビットカード、電子マネーなどでブランドにもより多く対応できるようにすることで、徐々に利便性も高まり今後利用者も増えていくでしょう。

 

IT化とキャッシュレス化は等しく進む

キャッシュレス化にはIT技術をなくしては進めることができません。カードリーダなどの端末一つとっても、IT技術が発達しなければセキュリティ面でも不安を伴うものでしかないでしょう。一朝一夕にできるものではないものの、もちろんIT技術は進みます。それに応じて、より安全でコストがかからないキャッシュレスのシステムも浸透していくでしょう。

 

2020年のオリンピックまでにキャッシュレス化を

合言葉のようになっている2020年のオリンピックまでに…というキャッシュレス化の目標は実際に国を挙げた取り組みではあります。日本に来た観光客がストレスなく過ごせる、外貨の両替やATMでの日本円引き出しの手間を減らせる、日本側が負担するコストを削減できるなど、様々な国から訪れる外国人の増加を目前にキャッシュレス化の対策は必須ともいえるでしょう。

 

また日本人も決済方式が安全かつ利便性が高いことは、暮らしやすさにつながります。今後さらにキャッシュレス化は加速していくはずです。