【口コミ体験談】ジャパンネット銀行のカード型トークンに替えてみた

従来のキーホルダー型トークンからカード型に替えてみました。

ジャパンネット銀行のVISAデビットカードでネットショップ(VISA認証サービスに参加しているショップ)を利用する際にはトークンが必要です。トークンに表示されたワンタイムパスワードを専用認証画面で入力することになります。

 

これまではキーホルダー型トークンが無料で配布されていました。しかし2016年11月29日以降は、カード型が配布されることになりました。すでにジャパンネット銀行口座を持っていて、キーホルダー型トークンを使っている方は希望すればカード型に変更できます。

 

それではトークン型からカード型への切り替えの流れを見てみましょう!

 

  1. ジャパンネット銀行のサイトのカード型トークン切替申し込み(ログイン)をクリックして申し込み画面を開きます。
  2. 暗証番号の入力
  3. 切替手数料の引き落とし(手数料が1,080円かかります)

 

引き落としが完了すれば、切替手続きはOKです。1週間ほどでトークンが届きます。トークンの有効期限まで利用すれば、切替は無料でできます。

 

それではカード型トークンを使えるようにするための手続きを確認しましょう!

 

 

カード型トークンが届きました!カード型のため、封筒もキャッシュカードなどを送ってきたものと同じです。

 

 

開けてみるとこのような状態でカードが送られてきていました。カンタンに注意事項と使い方を確認しておきました。

 

 

カードを手に持った状態がこちらです。とっても薄いですよね。スッキリしています。

 

トークンはこのままでは使えませんので、利用登録をスタートします。(パソコン・スマートフォンでの登録方法です)

 

  1. ジャパンネット銀行のサイトのトップページ(ログインボタンをクリック)
  2. ログイン(店番号-口座番号とログインパスワードで行えます)
  3. Welcome pageが表示(各種手続きからワンタイムパスワードの切替登録を選びます)
  4. トークンを準備して暗証番号を入力
  5. 切替登録

 

新しいトークンのシリアル番号(トークン裏面右上に記載)と、ワンタイムパスワードを入力します。登録を選択すれば手続きは完了です。

 

期限前にカード型に切り替えるのはお金もかかります。期限まで使えばよいかなとも迷いました。しかしキーホルダー型トークンは厚みのせいで財布には入れられないので、持ち運びも不便でした。これまで外出先で使いたかったのに、何度か家にトークンを忘れてきた経験もあります。

 

今回簡単な切替手続きでカード型に変更できました。新しいトークンはキャッシュカードと同じ大きさなので、財布に入れておけます。薄くてかさばりません。ネットショッピングの時もトークンを探して手間取ることもなくなりました!

 


⇒ジャパンネット銀行のVisaデビットお申込みはコチラ

Sponsored Link