1. デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)
  2. デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧
  3. デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧

デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧

VISAやJCBのデビットカードは、クレジットカードのような支払い方法ですが即時決済の便利なカードです。海外でもショッピングやATMで現地通貨の引き出しなどに使えます。またポイントが貯まるので、現金よりお得なのもうれしい点ですね。

VISAやJCBのデビットカードは、銀行口座から即引き落としされます。そのため、クレジットブランドですが銀行が発行するものです。また、どの銀行でもデビットカードを発行できるわけではありません。

デビットカードを取り扱っている銀行でも、VISAのみ、JCBのみ、どちらかを発行できる場合に分かれます。デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧を見ておきましょう!

VISAデビットカードを発行できる銀行

都市銀行

ネット銀行

地方銀行

その他の銀行

JCBデビットカードを発行できる銀行

都市銀行

ネット銀行

地方銀行

デビットカードなしの銀行

信託銀行

  • 三井住友信託銀行
  • SMBC信託銀行

その他の銀行

ネット銀行

  • じぶん銀行

地方銀行

北海道・東北地方 北海道銀行
青森銀行
みちのく銀行
山形銀行
岩手銀行
関東地方 群馬銀行
足利銀行
筑波銀行
武蔵野銀行
横浜銀行
千葉興業銀行
東京スター銀行
東和銀行
東日本銀行
栃木銀行
京葉銀行
北陸・甲信越地方 北越銀行
八十二銀行
福井銀行
山梨中央銀行
大光銀行
長野銀行
東海地方 十六銀行(ただし2018年春発行予定)
三重銀行
静岡銀行
百十五銀行
中京銀行
近畿地方 京都銀行
滋賀銀行(ただし2018年上半期発行スタート予定)
池田泉州銀行
南都銀行
関西アーバン銀行
みなと銀行
中国・四国地方 中国銀行
広島銀行
山陰合同銀行
山口銀行
阿波銀行
伊予銀行
四国銀行
高知銀行
九州・沖縄地方 佐賀銀行
十八銀行
肥後銀行
大分銀行
鹿児島銀行

日本では普及率が低い?

これまでは、欧米に比べると日本でのデビットカード普及率は高いとは言えませんでした。理由の一つとして、ポイント還元率が挙げられています。デビットカードよりもクレジットカードを使ったほうが、多くポイントがつくと考えられているからです。またクレジットブランドからカードを発行する会社も、クレジットカードの宣伝をメインに日本では行っていました。

電子マネーの台頭でデビットも変わる?

しかし、クレジットブランドが欧米のように日本でもデビットカードを普及させられる、開拓できると考えないほうが不自然でしょう。日本では電子マネーの普及が際立っています。

この電子マネーがデビットカード普及のキーポイントになると、カード会社が考えたのです。楽天EdyやWAONなどに代表されるショッピング系、Suicaに代表される交通系に大きく電子マネーは分類されます。

ほとんどの電子マネーは現金を持ち歩く必要がないものの、先にチャージしておく面倒さがあります。さらに電子マネーの種類の多さや、提携店舗が限定されている電子マネーもあること、常に残金を気にする必要があることなど電子マネーのデメリットが気になる方も少なくないはずです。

今後ますますデビットカードに力がそそがれる?

電子マネーのチャージ必須の点をクリアにできるのが、クレジットブランドが発行するデビットカードでしょう。デビットカードなら口座にお金が入っていれば支払えます。

またVISAやJCBなどのブランドの加盟店の多さは、「どこでも支払える。」状態につながるでしょう。さらにポイント還元率が高いデビットカードも徐々に増えてきています。

今後デビットカードを発行していない銀行も、参入する可能性は高く利用率やシェアもアップすると予測されます。現時点で発行予定がある地方銀行も数行あります。サービスやキャンペーンの充実も期待できますね。

現時点ではデビットカードありの銀行から、ブランドを選び申し込む方法を取ります。ネット銀行などを中心に、全国どこからでもWEBで申し込めるデビットカードも増え、手続きの利便性も高まっていますね。

\ SNSでシェアしよう! /

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

デビットカードおすすめランキング|VISAで比較(年会費無料)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • タカシマヤプラチナデビットカードのメリット・デメリット