デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧

デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧

VISAやJCBのデビットカードは、クレジットカードのような支払い方法ですが即時決済の便利なカードです。海外でもショッピングやATMで現地通貨の引き出しなどに使えます。またポイントが貯まるので、現金よりお得なのもうれしい点ですね。

 

VISAやJCBのデビットカードは、銀行口座から即引き落としされます。そのため、クレジットブランドですが銀行が発行するものです。また、どの銀行でもデビットカードを発行できるわけではありません。

 

デビットカードを取り扱っている銀行でも、VISAのみ、JCBのみ、どちらかを発行できる場合に分かれます。デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧を見ておきましょう!

 

VISAデビットカードを発行できる銀行

都市銀行

 

ネット銀行

 

地方銀行

 

その他の銀行

 

JCBデビットカードを発行できる銀行

都市銀行

 

ネット銀行

 

地方銀行

 

デビットカードなしの銀行

信託銀行

  • 三井住友信託銀行
  • SMBC信託銀行

 

その他の銀行

 

ネット銀行

  • じぶん銀行

 

地方銀行

北海道・東北地方

北海道銀行
青森銀行
みちのく銀行
山形銀行
岩手銀行

関東地方

群馬銀行
足利銀行
筑波銀行
武蔵野銀行
横浜銀行
千葉興業銀行
東京スター銀行
東和銀行
東日本銀行
栃木銀行
京葉銀行

北陸・甲信越地方

北越銀行
八十二銀行
福井銀行
山梨中央銀行
大光銀行
長野銀行

東海地方

十六銀行(ただし2018年春発行予定)
三重銀行
静岡銀行
百十五銀行
中京銀行

近畿地方

京都銀行
滋賀銀行(ただし2018年上半期発行スタート予定)
池田泉州銀行
南都銀行
関西アーバン銀行
みなと銀行

中国・四国地方

中国銀行
広島銀行
山陰合同銀行
山口銀行
阿波銀行
伊予銀行
四国銀行
高知銀行

九州・沖縄地方

佐賀銀行
十八銀行
肥後銀行
大分銀行
鹿児島銀行

 

日本では普及率が低い?

これまでは、欧米に比べると日本でのデビットカード普及率は高いとは言えませんでした。理由の一つとして、ポイント還元率が挙げられています。デビットカードよりもクレジットカードを使ったほうが、多くポイントがつくと考えられているからです。またクレジットブランドからカードを発行する会社も、クレジットカードの宣伝をメインに日本では行っていました。

 

電子マネーの台頭でデビットも変わる?

しかし、クレジットブランドが欧米のように日本でもデビットカードを普及させられる、開拓できると考えないほうが不自然でしょう。日本では電子マネーの普及が際立っています。この電子マネーがデビットカード普及のキーポイントになると、カード会社が考えたのです。楽天EdyやWAONなどに代表されるショッピング系、Suicaに代表される交通系に大きく電子マネーは分類されます。

 

ほとんどの電子マネーは現金を持ち歩く必要がないものの、先にチャージしておく面倒さがあります。さらに電子マネーの種類の多さや、提携店舗が限定されている電子マネーもあること、常に残金を気にする必要があることなど電子マネーのデメリットが気になる方も少なくないはずです。

 

今後ますますデビットカードに力がそそがれる?

電子マネーのチャージ必須の点をクリアにできるのが、クレジットブランドが発行するデビットカードでしょう。デビットカードなら口座にお金が入っていれば支払えます。またVISAやJCBなどのブランドの加盟店の多さは、「どこでも支払える。」状態につながるでしょう。さらにポイント還元率が高いデビットカードも徐々に増えてきています。

 

今後デビットカードを発行していない銀行も、参入する可能性は高く利用率やシェアもアップすると予測されます。現時点で発行予定がある地方銀行も数行あります。サービスやキャンペーンの充実も期待できますね。現時点ではデビットカードありの銀行から、ブランドを選び申し込む方法を取ります。ネット銀行などを中心に、全国どこからでもWEBで申し込めるデビットカードも増え、手続きの利便性も高まっていますね。

デビットカードを作れる銀行と作れない銀行の一覧記事一覧

三井住友銀行のSMBCデビットは、VISA payWaveとiDが搭載されているので、スピーディーに支払いたいときにおすすめのデビットカードです。SMBCデビット(Visaデビット)payWaveとiDは、かざして支払いが完了する、タッチ式決済方法となっています。そのため、サインや暗証番号をなしでお買い物がおわりますよ。payWave、iDどちらにも対応していない店舗で支払う際は、通常のVisaデ...

大手都市銀行の中でも、みずほ銀行は唯一JCBブランドのデビットカードを発行しています。2017年1月から発行が開始されました。JCBの加盟店なら、国外・海外を問わず使えます。即時決済のデビットカードは現金代わりに使えるのが魅力ですね。みずほJCBデビットも、もちろん同様にお店でカードを使って支払った時に引き落としされます。みずほ銀行 : みずほJCBデビットJCBブランドは海外でもJCBブランドは...

埼玉りそな銀行では「りそなデビットカード」と「りそなデビットカード〈JMB〉」を発行しています。どちらもVisaデビットです。ショッピングやATMでの利用、ポイントが貯まるなど、基本的なスペックや利用方法は同じです。りそなVisaデビットカード〈オリジナル〉埼玉りそな銀行地方銀行ではJCBデビットカードを発行している銀行のほうが多いのですが、埼玉りそな銀行ではVisaデビットとなっています。海外で...

一般カードとゴールドカードの2種類千葉銀行のデビットカードは、ちばぎんスーパーカード〈デビット〉という名称です。JCBブランドです。ちばぎんスーパーカード〈デビット〉千葉銀行の口座を持っている方ならどなたでも申し込め、一般カードとゴールドカードの2種類があります。地方銀行もデビットカードを発行しているところが増えていますね。ちばぎんスーパーカード〈デビット〉を選ぶメリットは、家族カードが発行できる...

いよいよ名古屋銀行からもデビットカードが発行されることになりました。2017年10月から「めいぎんJCBデビット」として発行がスタートしています。JCBデビットカードとして、使い過ぎを心配することなく加盟店でのショッピングに利用できます。また海外のJCBやCirrusATMで、現地の通貨も引き出せます。現金のように即時払いなのに、クレジットカードのように便利なデビットカードは、お得さもあります。め...

西日本シティ銀行のデビットカードは、VISAとJCBの2種類から選べます!西日本シティ銀行のデビットカードは、NCBデビットJCBまたはNCBデビットVISAの2タイプです。クレジットブランドごとの特徴と、違いなどをご紹介します。西日本シティ銀行デビットカードNCBデビットJCBとは15歳以上で、西日本シティ銀行の口座を持っている方ならどなたでも申し込めます。デビットカードは、銀行口座にある額を即...

福岡銀行のデビットプラス(Debit+)は、一般カードとゴールドカードの2種類があります。国際ブランドはJCBです。一般カードとゴールドカードを発行しています。もっとも大きな特徴は、交通系ICのnimocaまたはSUGOCAをデビット機能にプラスできる点でしょう。(搭載しないデビットカードも発行可能)nimocaは、福岡での利用は大変浸透しています。デビットと一体になっていることで、さらに使えるシ...

北洋銀行のデビットカードは、北洋‐JCBデビットという名称です。北海道にお住まいの方が申し込めます。口座から即時引き落としのため、現金代わりとして使えます。クレジットカードとは違って使い過ぎない安心感が特徴です。北洋ーJCBデビット審査なしで15歳以上の方が利用できるデビットカードです。ただ、道内に住んでいる方しか銀行口座を保有できないため、誰でも作れるデビットカードというわけではありません。北洋...

もみじ銀行からは、ワイエムデビットJCBカードが発行されています。実はワイエムデビットJCBカードは、もみじ銀行だけでなく山口銀行、北九州銀行の3行から発行されています。同じ山口フィナンシャルグループの傘下にある銀行のため、同じデビットカードとなっているのです。ただし、もみじ銀行のみカープオリジナルデザインデビット(券面にカープ坊やがデザイン)が発行されています。年会費や還元率などのデビットカード...

山口銀行のデビットカードはワイエムデビットJCBという名称です。もちろんJCBブランドで、山口銀行が発行しています。使った金額は、レジでカードを出したその時に口座から引き落とされて支払いが完了します。クレジットカードの使いやすさはそのままに、使い過ぎを未然に防げる安心感の高いカードです。山口銀行ワイエムデビットJCB預金口座があれば審査なしでOK!山口銀行の普通預金口座さえあれば、審査を受けずにデ...

2017年8月から取り扱いが始まったばかりの、おきぎんJCBデビットのメリットや気になるポイント還元、年会費などを確かめてみましょう。沖縄銀行が発行するデビットカードですが、国際ブランドであるJCBと提携しているため海外でも使えますよ!おきぎんJCBデビットメリット口座にある金額だけ支払えるから使い過ぎない地元提携企業で利用すればポイント2倍にアップ現金引き出しやお金の管理がラクにOkiDokiポ...

北國銀行のデビットカードは、Visaデビットとしての利用だけでなく、追加できる機能が充実しています。カードローン、自動貸越、ETCカード、家族カードなどが付帯できます。デビットカードとキャッシュカード一体型、デビットカード機能のみ持つ単体型があります。一体型はデビットカードとキャッシュカードとして使えるだけでなく、プラスサービス機能(自動貸越サービス)やカードローン機能を付帯させることも可能です。...

常陽銀行もVisaデビットを発行しています。もちろんVISA加盟店で使え、小銭のやり取りが不要になります。また利用額に応じたキャッシュバックだけでなく、常陽ポイントクラブでポイントが貯まり、大変お得です。クレジットカードと同じような使い方ができますが、口座から即時引き落としされます。ATMに並んで現金を引き出さなくてもよくなりますよ!常陽銀行デビットカード(JOYO CARD Debit)メリット...

クレジットカードの代用となるのに、現金感覚で使えるのがスルガ銀行Visaデビットです。実店舗では、まだまだ現金も使い勝手がよいですね。ですが特にネットショップではクレジットカードのみ受け付け、クレカ以外は手数料が多くかかるなどデメリットが先立ちます。クレジットカードを持っておきたい、でも使い過ぎが気になるという方に断然おすすめなのがデビットカードです。デビットカードは預金口座にあるお金が支払える上...

クレジットカードが持てない、持ちたくない方も、便利に使えるのがデビットカードです。りゅうぎんVisaデビットカードでは、15歳以上の方で琉球銀行に口座を開設できる方なら申し込めます。デビットカードは口座から即時払いするカードのため、クレジットカードのように使い過ぎてしまう心配はありません。りゅうぎんVisaデビットカードメリット預金口座を開設できるならデビットカードが持てる利用額に応じて0.2%の...

あおぞらキャッシュ・プラスなら、月に10万円以上使うとVisaデビットでは珍しい高還元率(1%)になります。月々の利用額が5万円以上10万円未満でも、還元率は0.75%です。平均的なVisaデビットの還元率が0.2%〜0.5%程度なことを考えても、お得なデビットカードですね。公共料金や買い物などでの支払いをデビットでまとめたい、Visaブランドのデビットを持ちたい方にはおすすめです。あおぞらキャッ...

イオン銀行のデビットカードには、VISAとJCBの2種類のブランドがあります。それぞれ申し込める条件や審査などが異なります。VISAブランドはイオンデビットカード、JCBはイオン銀行キャッシュ+デビットという名称です。ブランドの違いはありますが、年会費がかからない点や、還元率はどちらも同じです。イオンデビットカードイオンデビットカードは審査があり!ただし、最大の違いはイオンデビットカード(VISA...

イオン銀行ではVisaデビット機能のあるキャッシュカードだけでなく、JCB機能のあるデビットカードも選べます。世界のJCB加盟店で使えるだけでなく、WAONも付帯しているのでさらに便利に使えます。またときめきポイントクラブの優待加盟店でJCBデビットを使うと、ポイントも貯まります。イオン銀行キャッシュ+デビットのお申し込みはコチラメリット審査なしで使える即時引き落としで、カード支払いながら現金感覚...

秋田銀行のデビットカードは、JCBと提携して発行されています。名称はOnly OneデビットJCBです。秋田銀行の口座を持っている方が、国内でのショッピングやネットショッピング、海外でのショッピングや現地通貨引き出しなど幅広く利用できます。Only Oneデビット<JCB>|秋田銀行Only Oneデビットの還元率は?JCBのOkiDokiポイントが、1,000円の利用につき1ポイントずつ貯まりま...

百貨店初のデビットカードとなる「タカシマヤプラチナデビットカード」が、2017年10月9日より申し込みの受付をスタートします。デビットカードは銀行口座から即時引き落としとなるため、これまでは銀行が発行していました。タカシマヤプラチナデビットカードは、高島屋と高島屋クレジットがソニー銀行と提携することで発行可能になっています。タカシマヤプラチナデビットカード - 高島屋国際ブランドはVISAタカシマ...

デビットカードでもクレジットカードのようにマイルが貯まるのでしょうか?ANAとスルガ銀行の提携で発行されているANAマイレージクラブFinancial Pass Visaは、マイレージクラブの機能も付いているため、しっかりマイルが貯められそうです。しかし、条件があるのでマイルを貯めるためには、必ずしもANAマイレージクラブFinancial Pass Visaがベストの選択とは言えません。ANAマ...

紀陽銀行は、JCBデビットカードを発行しています。自分の銀行口座からお金をおろさなくても、デビットカードで口座からの即時決済が可能です。クレジットカードの加盟店で利用できます。使い過ぎない現金感覚の決済方法のため、お金の計画が立てやすくなるでしょう。たくさんの銀行がデビットカードを取り扱い始めました。紀陽銀行のデビットカードは、他のデビットカードとどんな違いがあるのでしょうか?紀陽銀行はJCBデビ...

2017年12月31日までキャンペーンあり契約中の方、新規契約の方が対象。キャンペーンに応募し3万円以上かつ5回以上利用で、抽選でOkiDokiポイントをプレゼント!100名様に1,000ポイント。さらにWチャンスで100名様に200ポイント福島県にある東邦銀行では、JCBデビットカードを発行しています。「東邦Alwaysデビットカード〈JCB〉」という名称です。一般カードとゴールドデビットカード...

大垣共立銀行のデビットカードOKBデビット(JCB)は、現金と同じ感覚で決済できる大変便利なカードです。お店での買い物、ネットショッピングや海外での現地通貨引出に利用できます。利用方法はクレジットカード感覚、ただし決済は即時払いとなるため、使い過ぎも防げますよ!15歳以上なら大垣共立銀行デビットカードを作れる!クレジットカードの申し込みは、どんなに低くても18歳以上の方ですね。大垣共立銀行デビット...

新生銀行ではブランドデビットカードは取り扱っていません。ブランドデビットを発行している銀行は増えていますね。VISAデビットやJCBデビットがありますが、いずれも新生銀行では作れないのです。ただ日本国内では、キャッシュカードはJ-Debitカードとしてデビット機能が使えます。また海外での利用には、国際キャッシュカードとしてATMで出金できます。またキャッシュカードとは別に、提携しているアプラスから...