オートチャージ機能付きのデビットカードは?

オートチャージ機能付きのデビットカードは?

電子マネーは大変便利ですが、デビットカードでオートチャージできるのでしょうか?クレジットカードと一体型の電子マネーなら、オートチャージしやすいですがデビットカードと一体型のものはあるのでしょうか。

 

電子マネーの種類は様々ですが、さらに利便性をアップさせるためにも、電子マネーとデビットカードの関連性を知っておきましょう。主要電子マネーを中心にご紹介します。

 

電子マネー付帯のデビットカードも!

電子マネーはその特徴でいくつかに分類することができます。厳密ではありませんが、交通系と呼ばれるSuicaやPASMO、プリペイド型のオーソドックスな楽天Edy、WAON、nanaco、後払いを選択できるQUICPay、iD、さらに独自のシステムであるauWALLETなどとなります。

 

セブン銀行デビットカードではnanacoと一体型か紐付型から選べます。SMBCデビットではiD機能が付帯しました。

 

Suicaにデビットカードでオートチャージできる?

Suicaは定期、電子マネーの役割を果たせる人気の電子マネーです。改札をそのままワンタッチでくぐれる便利さは、他の電子マネーではないものでしょう。Suicaでオートチャージできるのはビューカードのみです。Suica機能の付いたビューカードもありますが、Suica機能がなくてもオートチャージ決済用カードとして使えます。

 

とにかくビューカードであればよいのですが、その他のクレジットカードやデビットカードは使えません。通常のチャージなら、クレジットカード情報を登録すればOKです。またデビットカードをSuicaに登録することもできます。

 

アップルペイにデビットカードを登録する際にはSuicaアプリ経由でないとできません。

 

Suicaアプリを使うならアップルペイに登録できる

 

楽天Edy

加盟店も多く、還元率が大変高いのが特徴です。楽天Edyでのチャージには、楽天銀行デビットカードが登録できます。楽天銀行デビットカードでは、VISAブランドとJCBブランドのものがあります。チャージに利用できるのは、VISAのみですから注意しておきましょう。

 

オートチャージでは、楽天カードでEdyを利用しているのか、おサイフケータイで利用しているのかによって設定は変わります。ローソンやファミリーマートなど、オートチャージ対象店舗での支払い時に、オートチャージされるシステムです。支払いは登録しているカードで行えるので、VISAデビットなら利用できます。

 

楽天銀行デビットカード(Visa・JCB)

 

WAON

イオンで買い物が多い方におすすめです。WAONのオートチャージは、自動的に設定された金額がイオン銀行普通預金から引き落とされるシステムとなっています。オートチャージを利用するためには、クレジットカードやデビットカードではなく、イオン銀行口座が必要ということになります。

 

ただ、イオン銀行のデビットカードであるキャッシュ+デビットなら、オートチャージでも200円ごとに1WAONポイントが貯まるのが大変お得です。銀行口座を申し込むならデビットも利用するとよいでしょう。

 

イオン銀行キャッシュ+デビット(JCB)

 

nanaco

セブンイレブンやイトーヨーカドーをよく利用する方におすすめです。nanacoのオートチャージは、自動的にクレジットカードからチャージするものです。デビットカードでnanacoにチャージすることもできます。セブン銀行デビットカードでは、nanacoと一体型や紐付型が選べます。ただしチャージでポイントは付きません。

 

nanacoにクレジットカードを登録する際に、デビットカードを登録しておけば利用可能です。このとき、本人認証サービスの登録をしておかないといけません。デビットを登録する前にJ/Secureでの登録を忘れず行いましょう。

 

セブン銀行デビットカード

 

QUICPay

QUICPayはもともと後払いのため、チャージは不要です。後払いする方法にはクレジットカードやプリペイドカードがあります。デビットカードは対応予定になっていますが、2017年11月15日時点ではまだ非対応です。

 

iD

加盟店数は全国765,000か所と、電子マネーの中でも最多です。QUICPayと違って、後払いだけでなく先払いを選択することもできる点が大きな特徴です。後払いで利用するなら、クレジットカード登録が必要です。さらにデビット支払いもできるようになり、即時払いという方法も可能です。また、三井住友銀行のSMBCデビットにiDが搭載されました。

 

iDはこれまでは加盟店は多いものの、EdyやSuicaに遅れをとっていた感がありました。アップルペイが登場し、iDを登録できることで利用者が大きく増加中の電子マネーとなっています。

 

au WALLET

マスターカード対応店舗で幅広く使えます。au WALLETのチャージ方法は様々ですが、オートチャージを利用するためには「かんたん決済」で支払う必要があります。

 

かんたん決済は、月々の通信料金と合算して支払うものです。月々の通信料金はデビットカードで払えるのかという点ですが、もちろん支払えます。VISAデビットカード、JCBデビットカードいずれにも対応しています。

 

ただし、KDDIとカード会社の取り決めによって、請求金額の承認依頼が送られることがあります。承認依頼の段階で、口座から引き落とされる点にご注意ください。

 

PASMO

Suicaと同じように、定期と電子マネーの特徴を併せ持っています。オートチャージはPASMOエリアなどで改札機入場時に行われますPASMOのオートチャージ機能を利用できるのは、対象のクレジットカードのみです。パスタウンカード(JCB)や東急カード、東武カードなどの交通事業者系カードが対象クレジットとなっています。

 

通常のチャージは券売機で現金によるものなので、デビットカードで支払える方法はないということになってしまいます。ただ新規PASMOを発行するときのみ、事業者によってクレジットカードまたはデビットカードを受け付けていることがあります。

 

福岡銀行のDebit+でnimocaまたはSUGOCA搭載

福岡銀行のデビットカードには、交通系IC「nimoca」または「SUGOCA」を搭載できるバージョンもあります。デビットカードとしての機能に加え、IC乗車券、電子マネーとして使える便利さです。

 

またオートチャージ機能も選択できるので(入会時に選択)、チャージ忘れもありません。一定額以下になった時、バス車載機や自動改札機にタッチするとデビット決済でチャージされます。

 

地方銀行のデビットカードですが、一枚で多機能なため利便性が大変高いと評判です。今後地方銀行デビットカードが電子マネーに参入する可能性も考えられます。

 

福岡銀行Debit+デビットプラス

Sponsored Link