やっぱりデビットカードの安全性が気になる

やっぱりデビットカードの安全性が気になる

クレジットカードと同じように使えるデビットカードでは、安全性がやはり気になりますね。どれほど便利でも、安全性に欠けていれば当然申し込みたくはありません。セキュリティ面ではどのようになっているのでしょうか。

 

カードが届いたら

デビットカードも、クレジットカードと同様に到着した段階で裏面にまず署名を書いておきましょう。裏面の署名と、購入時の伝票へのサインを照らし合わせることで、店舗などは本人確認を行っているわけです。
裏面にサインがなければ、カードを使うことができません。

 

暗証番号入力とは

デビットカードでは、商品を購入したりサービスを受けたりした支払い時に、レジでは10キーパッドなどで暗証番号を入力することになります。暗証番号をその場で入力して、カードの所有者が買い物をしている本人だとそこで証明することになります。

 

実はサインをするよりも、暗証番号を入力したほうが安全性は高いと考えられています。暗証番号の情報は自分の頭の中にあるだけです。そのためカードの裏にサインが書かれていて、それを真似されてしまうよりも安全という見方もできるでしょう。

 

暗証番号入力の注意点

暗証番号入力のほうが安全度は高いと考えられていますが、店舗によってはキーパッドなどに特にカバーが付いていないこともあります。周りから暗証番号を盗み見られてしまうおそれもあるわけです。
入力の際には、パッドを自分に引き寄せるなど、十分な注意を払いましょう。

 

安全性への取り組み

デビットカードを利用する場合の端末は、取引データを送信します。この内容は、暗号化することが義務付けられています。また伝票に銀行コードや、支店のコードを印字することは禁止されています。
口座番号は、編集による印字を行うように各加盟店にデビットカード推進協議会が進めています。加盟店によっては×印による表記のみで、まったく口座番号も分からないようにしている場合もあります。

 

ペイウェーブ機能ありのデビットカードを選ぶ

日本国内ではまだ導入されている店舗は数えるほどですが、海外によく行かれる方ならペイウェーブ機能があるデビットカードを利用してみてはいかがでしょうか。ペイウェーブはレジ担当者にカードを渡してしまうのではなく、自分でカードを持ったままかざすことで支払いが完了します。海外で多発しているスキミングを防げます。現在、住信SBIネット銀行デビットカードが導入していますので、安全性を重視する方は検討をおすすめします。