デビットカードとは

デビットカードとは商品などを購入した時に代金が銀行口座から即時に引き落とされるカードです。預金口座を持つ金融機関が発行するもので、口座とオンラインで連動しているために即時に引き落としが可能なのです。
デビットカードは口座に残高がなければ原則として利用できない、ということになります。

 

クレジットカードとは利用方法は似ているものの、その時に口座にあるお金で支払いをすることから異なるペイメントカードであると理解しておくべきでしょう。
クレジットカードのような審査が一部のカードを除いて行われないことや、申し込みができる年齢がクレジットカードよりも低い設定となっていることなどから、昨今ますます人気が集まっているのです。

 

デビットカードおすすめランキング

 

ジャパンネット銀行

主な特徴

  • 誰でも持てる審査不要
  • 年会費・発行手数料無料
  • リアルタイムにお金を管理
  • お買い物でポイント還元あり

年会費 無料
海外ATM出金手数料 出金手数料は無料。利用時はレートに加えて3.02%で換算
利便性 評価5
ジャパンネット銀行Visaデビットカードの総評

ジャパンネット銀行の口座を開設するとキャッシュカードにVisaデビットがついてきます。口座維持費や年会費などは無料。キャッシュバックモールで買い物すれば、キャッシュバックが1%となります。

三菱東京UFJ銀行

主な特徴

  • メガバンクで安心
  • キャッシュバック率0.2%

年会費 1,080円(税込)初年度および23歳以下は無料(年間10万円以上利用で翌年無料)
海外ATM出金手数料 108円(税込)利用時にレートに加えて3.0%の事務手数料が必要
利便性 評価4
三菱東京UFJ-VISAデビットの総評

メガバンクである安心感が高い。自動キャッシュバックでしっかりお得。基本キャッシュバック率は0.2%。誕生月や前年の利用額などによって、さらにキャッシュバック率がアップすることもあり。

住信SBIネット銀行Visaデビットカード

主な特徴

  • 月間のデビット利用金額×0.3%がポイントとして貯まる
  • Visaペイウェーブに対応

年会費 無料
海外ATM出金手数料 米ドルによる海外ATM利用で米ドル決済を指定した場合海外事務手数料1.5%(ショッピング時は無料) 米ドルによる海外ATMの利用で円貨決済を指定した場合海外事務手数料2.5% 米ドル以外の外貨の利用は、海外事務手数料2.5%
利便性 評価3
住信SBIネット銀行デビットカードの総評

月間の利用金額×0.3%がポイントとして貯まる。ボーナスポイントが貯まる時期あり。1,000ポイント以上100ポイント単位で1ポイント1円に交換。

楽天銀行ゴールドデビットカードVisa

主な特徴

年会費 3,086円(税込)
海外ATM出金手数料 ATMによっては利用手数料がかかることがある。換算レートはJCBの定めるレートプラス3.024%
利便性 評価3
楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)の総評

100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント。つまり1.0%。さらに楽天市場なら2倍

 

デビットカードの使い方

支払時にカード提示と暗証番号入力。うっかり使いすぎないのが魅力

 

使い方としては支払い時にカードを提示し、本人認証として暗証番号入力とサインのいずれかを行うことになります。
日本ではオンラインデビットがほとんどで、ごく一部のケースのみオフラインデビットを利用できるようになっています。

 

日本では多くがJ-DebitとVISAデビットです。

 

J-debitではキャッシュカードをそのままデビットカードとして使用することができます。
カード枚数も増えず便利なのですが、口座と同じ暗証番号を使うために入力の際に盗み見られるといったことに対して、細心の注意が求められるでしょう。

 

クレジットカードのように使いすぎてしまうといった心配は防ぐこともでき、様々なシーンで活用できそうなのがデビットカードなのです。

 

デビットカードなら海外ATMで現地通貨を引き出せる!

必要な時に必要な場所で必要な分だけ海外ATMで現地通貨を引き出せる!

 

海外旅行は楽しいけれど「両替の面倒さ」本当に嫌ですよね。
これをデビットカードで解決してしまいましょう!

 

出発前に両替しておくといっても、銀行ではドルなどの主要通貨のみ両替可となっていることがあります。出発前は慌ただしいことも多く、限られた時間に両替に行くことはなかなか簡単ではありません。

 

現地での両替といっても一度に大きなお金を持って歩くのはとても不安です。レートの問題や銀行や両替所の営業時間が動きやすい時間帯かというと、予測が難しいのではないでしょうか。
数か国周遊の予定なら、国を移動するたびにこの手間を考えないといけなくなるわけです。

 

こういった問題もデビットカードなら解決です!
VISAやPLUSマークがついているATMでキャッシングすれば現地の通貨で出てきます。

 

出発前に使う予定の額プラス手数料の予定額を口座に入れておくと「楽しくて買い物しすぎた!」という失敗も起こりませんね。海外旅行でもVISAデビットはメリットがいっぱいです。

 

おすすめで最強の1枚を選ぶなら、絶対にコレしかない!

最強の1枚はコレ!ジャパンネット銀行のVISAデビット

 

ジャパンネット銀行のVisaデビットは、絶対に一枚持っておきたいカードです。デビットカードでは支払い時に銀行口座から即時決済となります。つまり、「どこの銀行のデビットカードを使うのか?」これが便利度に大きく影響してきます。

 

ジャパンネット銀行のVisaデビット(JNB Visaデビット)は、デビットカードの中でもおすすめのカードです。おすすめの点は以下の通りです。

 

年会費が必要ない 他の銀行が発行するVisaデビットの中には、年会費が必要になるものがあります。年会費0円になるためには、利用額の条件などを満たしていないといけないデビットカードもあるのです。その点、JNB Visaデビットは、いつでも年会費をきにしなくてよいですね。発行手数料も必要ありません。
与信審査がない クレジットカードやローンにつきものである、与信審査を気にせず申し込めます。JNB Visaデビットは15歳以上の方なら利用可能となっていますね。本人収入がない方も申し込み対象です。
口座開設をスマホのみでできる ジャパンネット銀行は、日本で初登場したネット銀行です。窓口業務を行う支店は設置されていません。そのため、デビットカードの申し込みにあたって口座を開設する場合も、ネットのみの手続きとなります。忙しい方にも最適のデビットカードでしょう。
サインレスでも買い物できる所が増えている コンビニなどを中心に、少額決済の場合ならサインレスでも利用できるお店などが増えています。すばやく払いたいという時にも最適ですね。
手持ちのお金がなくても安心 デビットカードで決済するなら、時間外手数料を払って現金を引き出さなくてもよくなりますね。終業後にATMになかなか行けない、週末お金を下ろしておくのを忘れていた、こんな時にもイライラしたり不安になったりしなくてよくなりますよ。
お金の管理がしやすくなる クレジットカードのように後払いではありません。口座に入っている金額のみ即時決済となります。現金と同じ感覚で使えるので、お金を管理しやすいですね。JNB Visaデビットでは利用した額だけでなく、利用前に口座にいくら入っているかもアプリで簡単に確認できます。パターンでログインできるので、「口座にお金が入っていたかな?」と気になった時にも安心ですね。
入金も手間なくできる 口座に入っている額がVisaデビットで利用できる額となります。ということは、口座にお金を入れておかないといけません。JNB Visaデビットでは提携ATMからサッと入金できます。セブン銀行のように設置数が多いATMも利用できるので、「お金をどこで入れようか。」と悩まなくてすみますね。(イーネットやゆうちょ銀行など他にも提携ATMはあります。)
海外でももちろん使える Visaデビットは、日本国内だけではなく海外でも利用できます。また、海外のATMからの引き出し(現地通貨)も可能ですよ。JNB Visaデビットは世界中約3800万ものショップで使えるのです。
ネットショッピングにもおすすめ

ネットショッピングやオンラインゲームなどでの利用も、Visaデビットはピッタリです。VISA認証サービスに対応しているネットショップで、登録なしで安心して使えますよ。

 

買い物の支払い、現金と口座の管理など、毎日のこととなりますから、意外と面倒だと感じるものです。ジャパンネット銀行のデビットカードなら、一枚でサッとすませられますね。

 


⇒ジャパンネット銀行のVisaデビットお申込みはコチラ

 

Visaデビットカードのスペック比較表

  年会費 海外ATM手数料 ショッピング保険 家族カード キャッシュバックなど
ジャパンネット銀行(Visaデビット) 無料 出金手数料0円利用時はレートに加えて3.02%で換算 なし 不可 キャッシュバックモールからの買い物で(100円以上)1%のキャッシュバック500円利用で1JNBスターが貯まる
三菱東京UFJ−VISAデビット 1,080円(税込)年齢や利用額などで無料になることもあり

108円(税込)
利用時にレートに加えて3.0%の事務手数料が必要

あり(限度あり) 不可 前月の利用金額から0.2%が自動キャッシュバック入会後や誕生月などでさらにアップすることもあり
住信SBIネット銀行デビットカード 無料

米ドルによる海外ATM利用で米ドル決済を指定した場合海外事務手数料1.5%(ショッピング時は無料)

 

米ドルによる海外ATMの利用で円貨決済を指定した場合海外事務手数料2.5%

 

米ドル以外の外貨の利用は、海外事務手数料2.5%

なし 不可(法人申し込みの場合も社員用に複数発行は不可) 月間の利用金額×0.3%がポイントとして貯まる。ボーナスポイントが貯まる時期あり。1,000ポイント以上100ポイント単位で1ポイント1円に交換。
スルガVisaデビット 無料

216円(税込)
3.0%を加えたレートで円貨に換算

あり
最高補償額30万円

3枚まで発行可(1枚につき540円かかる) 年間利用額×0.2%をキャッシュバック
HISワールドキャビットVISAデビットカード 無料

216円(税込)
3.0%を加えたレートで円貨に換算

あり
最高補償額30万円

不可 年間利用額×0.2%をキャッシュバック
楽天銀行デビットカード(Visa) 1,029円(税込)

出金手数料0円
利用時はレートに加えて3.024%で換算

ゴールドはあり 不可 1000円の利用で楽天スーパーポイントが2ポイント貯まる。(楽天グループでのショッピングや楽天銀行の振込手数料のみ使える)
楽天銀行デビットカード(ゴールドVisa) 3,086円(税込)

出金手数料0円
利用時はレートに加えて3.024%で換算)

あり
最高補償額30万円(購入日から60日間)

不可

1000円の利用で楽天スーパーポイントが5ポイント貯まる。(楽天グループでのショッピングや楽天銀行の振込手数料のみ使える)
海外サポートもあるが、年会費が高い

楽天銀行デビットカード(JCB) 永年無料 ATMによっては利用手数料がかかることがある。換算レートはJCBの定めるレートプラス3.024% あり(保証限度額30万円) 不可 100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント。つまり1.0%。さらに楽天市場なら2倍
りそな銀行(オリジナル)

初年度無料
以降540円(税込)

出金手数料0円利用時は2.5%の事務手数料が必要 なし 不可

ショッピング1000円ごとにりそなクラブポイントが5ポイント加算。
ポイント交換方法が多い。(ポイントの交換率や完了時期はそれぞれ違いがある。)
キャッシュバックなら、りそなクラブ1000ポイントで700円。
ただしポイントに有効期限があるのが気になる。

りそな銀行(JMB)

初年度無料
以降1,080円(税込)

出金手数料0円利用時は2.5%の事務手数料が必要

あり
最高補償額年間50万円(購入日から90日間)

不可

ショッピング200円ごとにJALマイレージ1マイル。
マイルの有効期限は36ヶ月。

埼玉りそな銀行(りそなVisaデビットオリジナル)

初年度無料
以降540円(税込)

出金手数料0円利用時は2.5%の事務手数料が必要 なし 不可

ショッピング1000円ごとに埼玉りそなクラブポイントが5ポイント加算。
ポイント交換方法が多い。
キャッシュバックは埼玉りそなクラブ1000ポイントで700円。りそな銀行のデビットと同様ポイントに有効期限あり。


⇒ジャパンネット銀行のVisaデビットお申込みはコチラ